記者のお仕事

γGTPの高さを競う猛者たちの「ゲンコーよりケンコー!」|新聞記者のお仕事(2)

 

こんにちは、ぐれあむ勉(べん)です。

今日も投資の勉強はお休み。

前回の「政財界の黒いメシ」はいかがでしたか?

マスコミが取材先とズブズブになる政財界の「黒いメシ」|新聞記者のお仕事(1)新聞記者の生態や裏話を暴露していくシリーズの1回目。新聞記者は取材先から食事などをご馳走になる通称「黒メシ」が結構あり、良心がとがめる半面、貴重な取材機会や情報を逃すまいと参加せざるを得ない。財務官僚が異常に接待を嫌うのは過去の不祥事のトラウマであることも説明。話題の映画「新聞記者」にも触れた。...

今回は記者の健康問題について書きます。わりとシビアな話かも。

 

記者は万年寝不足

取材、執筆、夜討ち、それから社に戻って朝刊最終版をチェックします。

その日のすべての仕事を終えて帰宅するのは午前2時すぎ、なんてこともしばしば。そこから近所の飲み屋に一杯ひっかけに行く、なんてツワモノもいましたね。

 

寝床に戻っても眠れずにいると、朝刊が届き出します。

今のようにネット配信などない時代は、他社の新聞は全部取っていました(全国紙5紙と東京新聞)。

抜かれていないかどうか全部チェックして、やっと安心して眠りにつき、4~5時間眠れれば幸い。

でも、特ダネや何か重要なニュースを他紙に抜かれていたりすると、ゆっくり寝ていられません。

デスクやキャップの電話で早朝から叩き起こされ、ひとしきり愚痴と説教をきかされた後、裏を取るために朝駆けやら電話取材やらに追われることになります。

 

そうして確認が取れたら、夕刊の締め切りまでに記事を出稿します。

こういうのを後追い」とか「追っかけと言います。面倒だし悔しいしで、徒労感しか残らないです。

果てしなきスクープ合戦

その逆に、特ダネをスクープして他社がトタで(「その日すぐ」の意。もう死語かも)追っかけてくれるとこちらはしてやったりです。

大きなニュースの場合、第一報をスクープできるか抜かれるかで、その後の取材競争に大きな差がつきます。

スクープした記者は続報をどんどん積み上げて独走し、出し抜かれた他社の記者たちはそれをひたすら追いかけることになるからです。

 

もっとも、書かれた当事者が「今朝の一部報道にありました件はまだ何も決まっていません」とわざわざ発表することもあり、「しまった、勇み足だったか!」と肝を冷やすことになります。

他紙の記者に「なんだガセかよ」みたいな白い目で見られ、、、ているような気持ちになってきます。

たとえば企業の合併話など、交渉の最中にメディアに漏れたりすると、当事者が気を悪くして「この話はなかったことに」とひっくり返ることもままあります。

あるいは、決定をひっくり返したくて内部の人がわざとメディアにリークすることもあります。

リークとは。機密情報が内部関係者から外部に漏らされること。政治家や経営幹部から記者にもたらされる場合や、匿名掲示板に内部の人が書き込んだりといったケースがあります。英語のleak(漏れ)から。

 

記者はこうした当事者同士のあつれきや役員同士の力関係などいろんなことを考え抜いた上で、もうひっくり返る心配がないという確信を得た段階で記事化します。

でも、たまにその日のネタに困って見切り発車で書いてしまう場合もあります。こういうのを飛ばし記事と言います。あまりほめられたものではありませんが。

文末を見て、「場合によっては別の方向性を探る可能性もある」「まだ流動的」なんて書かれていたら、記者にも自信がないってことなので「飛ばし」と考えていいでしょう。

 

リークがもとで特ダネスクープということもけっこうあります。だから、日ごろから関係者に顔を覚えておいてもらうということも大事でしたね。

ちなみに、こうしたリーク情報は今から考えると特大のインサイダー情報でした。

もちろん記者がその情報をもとに金儲けをすることはない、ということはあいさつ記事で書いたとおりですが、、、。

投資の勉強事始め~新聞記者は億万長者の夢を見るか(あいさつにかえて)元経済記者の投資勉強ブログのあいさつページ。記者にはインサイダー情報が山ほど入るけど、それで儲けている人がいるのか否かを経験に照らして考察。あわせて独立後にまったくの初心者として始めたデイトレで大失敗、投資の師匠との出会いで運命が変わった話、ブログの生まれた経緯と目的などを書きました。...

 

γーGTPの高さを競う猛者たち

多忙な毎日を送る記者は、食生活もひどいもんです。

昼間は車中でコンビニ弁当かおにぎり、締め切りに追われて夕飯を食べるひまもなく、全部終わってから夜中にビールとラーメン、みたいな。

もうこうなると食事ではなく「エサ」ですね

にゃんやねん

 

そんな生活が数年も続くと、だいたい数値に現れてきます。健康診断がだんだん恐くなる。

結果が返ってくると、みんなで γ-GTP(ガンマジーティーピー)の数値の高さを競いあってました(笑)。

生きて活動しているのが奇跡!みたいな人も中にはいましたね(笑)。

 

当然、記者は早死にが多いです。確か健康保険組合の便りか何かに「記者は一般の人より短命」みたいな統計が出ていたのを見た記憶があります。

その昔、私がまだ煙草を吸っていたころ、健康診断後の問診で医者から「記者さんは食道ガン、胃ガン、肺がんの罹患率が普通の人の数倍あるんですよー」と軽く脅されたこともありました。

 

そういえば新人のころ、大酒のみでヘビースモーカーの猛獣みたいなおっさんデスクが、私にこんなことを言い放ったことがあります。

猛獣デスク
猛獣デスク
おい勉!風邪を絶対に引かないコツを教えてやろうか
ぐれあむ勉
ぐれあむ勉
はいっ!
体温を計らないことだ!わっはっは
ふあっ???Σ(・□・;)
絶対病気にならない方法も知りたい?
は、はい~、、、(´▽`*)
健康診断と病院には絶対行かないことだ!うわーっはっは!
な、、、、(-_-;)(絶句)

 

要するに、熱やらγ-GTPやら病原菌やら客観的証拠が見つかるまではまだ風邪でも病気でもない、と彼は主張したかったらしいのです。

なんちゅうアホなおっさんやと当時は思ったもんですが、よく考えると真実を追究することの意味を教えたかったのかとも考えられますね。

いや、ちがうな、、、

 

原稿より健康が大事

私の記者時代にも上司や先輩が4人、ガンで亡くなりました。2人は定年退職後間もなく。もう2人はまだ現役のとき。今思えばみんな酒豪でしたね

その中の1人、仕事の鬼と呼ばれた先輩を入院中にお見舞いに行ったことがありました。ガンとは聞かされていたけれど、まさか末期とは知らず、すっかりやせ細った姿を見て愕然としました。

よく怒鳴られ、「いつかこいつボコボコにしてやる」と心の中で呪っていた鬼先輩が仏のように優しくなり、照れ笑いしながら

ゲンコーよりケンコーだぞ、ベンさん

なんて、逆にこちらの健康を気遣ってくれたりして。病院の帰り道、不覚にも悔し涙が止まらなくなったのを覚えています。

「原稿より健康」とは、「いくらいい原稿を書きたいと思っても、健康を害して結局新聞に載せられないのでは本末転倒」と、上司が部下に働きすぎを諭すときに使う常套文句。単なるお題目にすぎないんだけど、語呂がいいので覚えやすく、記者なら一度は聴いたことがあると思われる。火山噴火や震災被災地など危険を伴う現場取材に向かう記者などにも使われる。

 

かくいう私も、過去に数回、体を壊したことがありました。

最初は20代後半のとき。寒い冬の朝、出かける支度を終えて玄関までたどり着いたものの、そこでばったり倒れ、そのまま数時間意識を失っていました。で、寒さで目が覚め、自力で電話して救急車を呼びました

少し風邪ぎみだったところに、連日の睡眠不足がたたったようで、要するに過労でした。

もしかしたら入院かも!

こんな女性が担当医で

美しい女医さんの写真

 

なんて少し期待したんですが、栄養剤を点滴されてその日のうちに帰されました(涙)。

倒れたんじゃなくて寝てただけなんじゃねーか?」などと先輩にからかわれましたが、目覚めなかったらそのまま凍死していたかもと思うとぞっとします。

ちなみに、忙しい記者には「なんでもいいから入院してみたい」という願望が少なからずあります。仕事のことを考えずに大手(おおで)を振って(?)休めるからです。

足の骨折みたいなのが最高だよな」なんて同僚と話してましたね。

病気や骨折で入院されている方には大変失礼な話とは思いますが、、、。半ば冗談、半ば本気でした。

 

原因不明の病気でお先まっ白

30代後半に、冗談ではない原因不明の病気になりました。あれは怖かった。

このときも風邪が長引いて無理して働いているときでした。

ある日突然、新聞やパソコンを開いて活字を読もうとすると目の前が真っ白になって、ものすごい吐き気に襲われたのです。

お先まっ白。

 

そのころ私は九州の支局にいて、わりと責任ある立場になっていたので、日々の紙面構成を考えたり、後輩たちを叱咤激励しつつ自分も一線で取材しなくちゃならないような立場にありました。

でも会社に来ても何もできないんです。

取材しにいくふりをして公園で休んだりもしましたが、症状は一向に改善せず。吐き気が止まらないので、だんだん会社のトイレの個室にこもりっぱなしになっていきました。

それでも、どうせすぐ治るだろうと思って、吐き気が収まれば我慢して職場に戻ります。でも、顔面は蒼白、脂汗たらたら。すぐまたトイレに駆け込むの繰り返し。

つらい人生、、、

 

見かねた上司が「休んで病院行け」というので、やっと重い腰を上げて病院に行くことにしました。

最初は内科に。そこで「メニエール病の可能性もある」と言われ、次は耳鼻科へ。

今度は「脳も検査したほうがいい」となって、脳外科に行ってCTスキャンも撮りました。1泊入院で睡眠時無呼吸症の検査もしましたっけ。

いろいろな病院をたらい回しにされ、たくさん検査しましたが、特に問題は見つからず。でも症状は1週間以上も続きました。

結局は産業医のお世話となり、「1か月休んで心療内科に通いなさい」と言い渡されました。

そのときは、「自分もついに心の病にかかったのか、もうこの症状が治らなかったら新聞記者はやめるしかないな」と観念しました。

 

すーっと心が軽くなる

子供のころから本好きで、かなりの活字中毒者だったため、症状が出ている間は文字が読めないのが何よりつらかったです。仕事をやめたところで、何を楽しみに生きていけばいいのやら、、、

しかし、ふとある考えが浮かんだのです。

「そうだ!治らなかったら会社やめてのんびり旅行でもしよう!」

そう思った瞬間、なんだかすーっと心が軽くなったのを覚えています。

I can fly

 

そして、実際に休みに入ると、「これから1ケ月休みだ!」という開放感もあったのか、休んで2日目くらいにはうそのように症状が消えていました(笑)。

わからんこともにゃい、、、

 

結局これも、長年の過労とストレスが重なって心身のバランスが崩れたのが原因だと思います。年齢的に体に変化が起こる(ホルモンバランスが崩れる)歳でもあったのでしょう。

3日も休むとちょっと気が引けてきたんで、上司に「治りましたので仕事出ます」と連絡したら、「バカっ!いい機会なんだから休め」と言われ、そのまま丸々ひと月休ませてもらいました。

思えば連続で7日以上の休みをとったのは入社以来初めてでした。

休んだおかげでその後はつつがなく仕事に復帰でき、東京に戻ってからは再び激務の日々が始まりました。

でも、後輩に任せられる仕事は回し、わりとセーブしながら仕事をするようにしたら、いろいろなことがうまくいったような気がします。

 

結論、記者の仕事はブラック。

さて、今の記者はどうなのか。

私が退職してまもなく、電通の新入社員過労自殺事件が起きました。あれを境に、労基署の取り締まりが厳しくなったのか、マスコミ業界でもかなり「ちゃんと休みを取れ」という風潮が広がったようです。

電通新入社員過労自殺事件とは。2015年12月暮れに大手広告代理店電通の新入女性社員(24)が社員寮から飛び降り自殺し、過労自殺が認定された事件。時間外労働が「過労死ライン」の80時間を大きく超える130時間となり、うつ病を発症したのが原因とされています。電通は刑事責任まで問われ、東京簡易裁判所が「違法な長時間労働が常態化し、サービス残業が蔓延していた」と罰金50万円の支払いを命じ、罰金刑が確定しました。

 

でも、時々会う後輩の話だと、「休みを強要されて家で仕事しているだけ」らしいです。

社の方針で、新人がすぐやめないようかなり甘やかしているらしく、中堅社員がどんどん割を食う形になっているとのこと。うつになって長期で休む人も続出しているとか。

就職氷河期でただでさえ同期の採用が少なかった世代はほんと気の毒です。

いくら会社が社員の休日消化率を増やしたと言ったところで、人員が増えなきゃ根本的な解決にはならないんですよ、結局のところ。

 

在任中はこれが当たり前だと思っていましたが、やめてから客観的に見ると、

新聞記者なんて完全にブラックな仕事

ですね。

まあ、部署にもよりますけどね。

 

 

さて、2回にわたって新聞記者の「黒い」ところばかり書いてしまいましたが、良くも悪くもそういう仕事です。きれいごとばかりではありません

でも普通の人にはなかなかお目にかかれない人や景色に出会えて、それを多くの人に伝えられるという意味では、やりがいはものすごくあります。その気になれば、ペンの力で権力ともやりあえますしね。

、、、とフォローしておこう。

にんげんってたいへんだね

クッションで眠る猫の写真

 

次回から投資の話に戻ります!

 

記者のお仕事シリーズはこちら↓↓↓

マスコミが取材先とズブズブになる政財界の「黒いメシ」|新聞記者のお仕事(1)新聞記者の生態や裏話を暴露していくシリーズの1回目。新聞記者は取材先から食事などをご馳走になる通称「黒メシ」が結構あり、良心がとがめる半面、貴重な取材機会や情報を逃すまいと参加せざるを得ない。財務官僚が異常に接待を嫌うのは過去の不祥事のトラウマであることも説明。話題の映画「新聞記者」にも触れた。...
駆け出し記者が学んだ一生使える文章力の基本とは|新聞記者のお仕事(3)新聞記者の仕事の裏側を暴露するシリーズの3回目。新人として配属された支局でパワハラの嵐にあった話。フィルムカメラの使用、写真の現像、写真の伝送など四半世紀前の記者の仕事、原稿が長く冗長になる癖を直すため、先輩からアドバイスを受け超役に立ったライティングテクニックもあわせて紹介。...
落日と猫
新聞記者のカメラ遍歴とニコンの凋落(一眼レフからミラーレスへ)|新聞記者のお仕事(4)赤字転落を発表したニコン。そこにはデジタル化、ミラーレス化に乗り遅れ、ハイテク産業に追い抜かれていく巨大企業の悲しい姿がありました。当初はあこがれだったニコンがどう落ちぶれていったのかを、新聞記者として愛用してきたカメラの変遷を追いながら解説しました。...

私ぐれあむが自腹を切って入会した投資スクール・お金の学校(オンライン講座)の本気のランキングはこちら↓↓↓

ランキング
最新|投資の学校ランキング 評判のスクールに自腹で入会した感想、口コミ元経済記者が総額100万円以上自腹を切って入会した投資の学校(オンライン講座)。これまでブログ内で紹介してきたスクールをランキング形式にし、その内容と感想、実力、評判、口コミをまとめました。実際にお金をかけているだけに、可能な限り率直に、かつシビアに評価をしています。...

500冊以上読んだ投資関係の書籍から厳選したおすすめ投資本の名著20冊はこちら↓↓↓

投資本 本棚
2020年最新版|700冊から厳選!絶対はずせない投資本の名著20選(初心者から上級者までおすすめ)投資本マニアの僕が700冊以上読んだ本の中で、投資家なら絶対はずせない名著20冊を厳選して紹介するセレクション2020年最新版。古典的バイブルから新しめの指南書まで、ステップに応じて読めるようご紹介。読めば投資レベルが確実にアップします!...