投資の学校

2021「投資の達人になる投資講座」人気セミナーの実力・中身を元経済記者が徹底解説

 

ぐれあむ勉
ぐれあむ勉
こんにちは!ぐれあむです

 

今日はいつもとは趣向を変えて、投資初心者のあなたに投資セミナーマニアの僕が実際に受講した無料投資セミナーの1つ「投資の達人になる投資講座」をご紹介します。

 

この講座は投資初心者にとって果たして有益なのか。元経済記者で億り人投資家である僕が、自分の経験に照らしつつ、内容を徹底検証しました。

 

また、「詐欺」「怪しい」という一部のうわさの真偽もあわせて確認しておこうと思います。

 

セミナーを運営するグローバルファイナンシャルスクールについては別記事にもしていますのでそちらも参考に。

 

また、同スクール校長の市川雄一郎が執筆した近刊(2021年6月刊)を読むと、この投資講座で話されている基本的な考え方がもっと詳しく書かれています。

 

 

本読むの面倒な人はこの記事でエッセンスはわかります

 

まともな金融教育を受けてこなかった人に

 

投資を何年もしていると、初心者の方から「投資をしたいけれど何から始めたらいいかわからない!」という質問(お嘆き?)をいただくことがよくあります。

 

これ、すごくわかります。僕も最初そうでしたから。

 

親から「投資は怖い」「詐欺にあうかも」「投資はしょせんギャンブル」なんて聞かされて育ち、まともな金融教育を受けてこなかった人間が、今になって

 

「投資をやらないと年をとってから大変なことになる」

 

「年金だけじゃ足らないからすぐに投資を始めろ」

 

なんて言われたって、困ってしまいますよね。

 

まともな金融教育を受けてこなかった僕ら日本人が投資に二の足を踏むのは当然のこと。

 

今回紹介する無料の投資セミナー「投資の達人になる投資講座」は、そんな人たちに向けた講座の1つといえるかもしれません。

 

まずは下のボタンから公式ページをのぞいてみてください。

 

 

小手先の知識にはない「王道」の魅力

 

世間の多くのセミナーは、「儲かる銘柄を教えます」とか「チャートの分析方法を教えます」など、小手先のテクニックで手っ取り早く儲かるような印象を与える内容が目立ちます。

 

あるいは客寄せパンダ的な有名人(証券アナリストや投資系ユーチューバーなど)に世界情勢などを講演させといて、結局は自社の投資商品などを販売する狙いのものも多いです。

 

でも、この「投資の達人になる投資講座」はそうしたまやかしもなく、投資の正しいあり方やコツコツと投資の知識を学ぶ大切さを説く、わりと直球の内容です。

 

そして実はそのコツコツこそが後に大きな資産を築く一番の近道であることも、実例とデータを示した上で紹介しています。

 

投資家として実践してきたこと、考えてきたこと、そしてうまくいき始めたこと。僕の中にぼんやりと像を結んできた投資の極意のようなことが、けっこう明確に語られているので驚きます。

 

総資産ではなく含み益が「億」!

 

それもそのはずで、このセミナーは実際に投資家として成功した人物が中心となってつくられた講座のようですね。

 

このセミナーに登場する上野ゆきひろさんという講師は、後で紹介するオンライン投資スクール「グローバルファイナンシャルスクール」の創業者。本セミナーもこのスクールが主催しているものです。

 

この上野さんという方がセミナーの中でまず受講者に見せるのは、自身の証券口座の成績です。実際の画面がこちら。

GFS創業者の証券口座(★画像の著作権はグローバルファイナンシャルスクールに属します)

 

個々の投資銘柄も明らかにしており、この人がきちんと投資家として成功していることを受講者に見せています。

 

しかもこの証券口座の成績、含み益が僕の想像のはるか上をいっていました。

 

含み益2億円

 

2億5000万円!総資産ではなく、含み益がですよ!

 

もう笑うしかない

 

「100万円を数億円にした」みたいな本は世間にいくらでもありますが、含み益が数億円の証券口座は初めて見ました。

 

元証券マンとか経済アナリストなどが投資について語っていると、「あなた身銭切って投資したことあんの?」と疑ってしまうことがよくありますが、この上野さんという投資家はホンモノだなと即座にわかります。

 

成功した投資家のみが知る「本質」

 

この方が「投資の達人になる投資講座」の中で教えてくれる最も大切なことがあります。

 

誤解をおそれずに言えば、それは「投資の本質を知れ」ということです。

 

これは世界一の投資家ウォーレン・バフェットさんはじめ、成功した投資家ならだれもが知っていること。

バフェット氏

 

これを知ってから投資を始めるのとそうでないのとでは相当な差が生まれるであろう、「投資の本質」であり「投資の王道」です。

 

それはいったいなんでしょうか。

 

投資と投機はまったく別物

 

その1つが、「投機ではなく投資にお金を使え」ということです。

 

「投機」とは、上げ下げのタイミングを見計らって、またはのるかそるかの賭けに出て、運良く上がったり当たったりしたら儲けが出る、みたいなもの。

 

はやい話が「ギャンブル」ですね。

 

僕は独学で株を始めて最初の年になけなしの退職金のほとんどを失いましたが、これはチャートを見ながらデイトレしたり、FXとか仮想通貨などにはまってしまったから。

 

いま考えると、これらはことごとく「投機」だったのです。

 

もともと競馬好きだった僕は、投資もそんなもんだろうと思い込んでしまい、いったん夢中になるとお金がどんどんなくなるまで止められなくなったことを覚えています(下は日経ビジネス「ギャンブルやFXがやめられない…それって病気?」より)。

 

ギャンブルのイメージ

 

あの投資初心者の頃に「投機」ではなく、本当の「投資」を知っていたなら。おそらく「億り人」になるのがもう数年早かったろうと今でも悔やまれますね。

 

あなたのやろうとしているのは本当に投資?

 

「自分は絶対ギャンブルなんかしない」と反論する人も中にはいるかもしれません。

 

でも世の中には、「投資」の顔をしたギャンブルがいたるところにあふれかえっています。

 

あまたあるセミナーやそのへんで手に入る投資教材、いくらでも見られるYouTube動画は、正直いって「投機=ギャンブル」のオンパレードです。

 

彼らはあなたのような純粋無垢な投資初心者を誘い込もうと手ぐすね引いて待っています。

 

「短期で大金を手にできる」「だれでも楽して儲けられる」「勉強せずに一攫千金」「優良銘柄こっそり教えます」みたいな動画、好んで見ていませんか?

 

そうでなくても、投資家って、たくさんのモニターを並べてチャートを見ながら売り買いする人ってイメージを持っていませんか?下の写真みたいな。

 

投資家のイメージ

 

手っ取り早く楽に稼げそうだし、なんとなくスマートなイメージがありますよね。

 

何を隠そう、僕もあこがれてました

 

もうその時点で頭はどっぷり「投機」にはまっていて、「本当の投資」から遠ざかっているのです。

 

投資初心者の9割が陥(おちい)る「投機」のワナ

 

こうして知らず知らずのうちに投機にはまっていく初心者のほとんどが、大なり小なり損をしています。その数およそ9割と言われます。

 

「投機」から入った初心者は、今ある資産をごっそり賭けてしまったり、自己資金の何倍ものお金を使える信用取引やレバレッジ(という名の借金)に投じたりして、気づいたころには預金を全部なくしているか、大きな借金を抱えてしまう人もしばしば見受けられます。

 

そこまでいかないまでも、資金の大半を溶かしてしまうか、資産がぜんぜん増えないまま何年も無駄に時を費やしてしまいます。

 

株価暴落

 

こうした人たちは「本当の投資」とは何かを知らないまま、「やっぱり投資は怖い」と言って退場してしまいます。

 

これは本当にもったいないことです。

 

投資の本質を知り、知識を増やしていけば、数年後、数十年後には無理なくまとまった資産が築けていたはずなのに。

 

投機で長期の資産形成はできない

 

投機がうまくはまる人もなかにはいるでしょう。そういう人が札束を見せびらかして、「1日で何十万稼いだ!」「ひと月に何百万儲けた!」なんて報告(みたいな勧誘)がよく転がっています。

 

でも彼らが「おかげで数億円の資産を築けました」というのをほとんど見たことがありません。不思議だと思いませんか?

 

僕も昔、競馬が当たりまくって1日で数百万円儲けたことをまるで昨日のことのように自慢することがありますが(笑)、まああれと同じなんだと思います。

 

過去の栄光ってやつです

 

「投機」はギャンブルであって決して「投資」ではありません。仮にそれで一時的にうまくいったとしても、投機には再現性がなく、長期にそれを続けて資産を形成していくことはまず不可能です。

 

「投資の本質」を先に知っておく意味

 

一方、投資の本質をきちんと知った上で始めた人は、別に特別なトレードの才能なんかなくても、投資によってまとまった資産を形成していくことが可能です。

 

しかも、投機で一時的に金を儲けたような人より、ずっと大きな資産を形成できます。おそらく生涯資産に1桁も2桁も差が出るくらいの資産を。

 

別にそれでも「自分は投機のほうをやってみたい」と思うのは自由です。ためしにやってみてうまくいくことだってあると思いますし、天性の才能が開花するかもしれません。

 

でもその場合でも、投機と投資が異なることを先に知っておくことはとても有用だと思います。投機で失敗した時に大けがをしないで済み、投資にすぐに方向転換できるからです。

 

せっかくブログを訪ねてきてくれたあなたに、僕は安易な投機に飛びついて道を踏み外してほしくないし、遠回りをして貴重な時間を失ってほしくもありません。

 

資産を築く具体的な道筋

 

さて、本題に戻って、ここで「投資の達人になる達人講座」の内容の一端を紹介しましょう。

 

以下は僕が最初に「投資の達人になる投資講座」を受講したときの項目です。かなり盛りだくさんでしたね。

 

「投資の達人になる投資講座」内容の一部
  • 1年で10倍になる儲かる株の見つけ方
  • 上がり続ける儲かる投資信託の見つけ方
  • 儲かる不動産の見つけ方
  • 金利6.5%の定期預金の作り方
  • 元本保証で年利9.5%の投資方法
  • 年率5%以上の高配当の投資信託
  • 年利12%でコツコツ投資をする方法
  • 投資サギの見抜き方、騙(だま)されない方法
  • NISA・iDeCoの活用方法
  • FXの裏側と、為替と金利の読み方
  • 暗号資産(仮想通貨)の本当の考え方
  • プロ投資家、機関投資家の裏側
  • 富裕層だけが持てる銀行口座「プライベートバンク」の裏側
  • 保険会社が売り付けようとする保険とは
  • 証券会社が売り付けようとする投資信託とは
  • 100万円で13億円の資産を作る方法
  • おすすめの情報の取り方
  • 会社四季報の読み方
  • 日本株と米国株の違い

 

今はこの講座も何度もバージョンアップして細かい内容は変わってきていますが、基本的な方向性は変わっていません。

 

根本にあるのは「投資の本質を知ることの大切さ」であり、それさえ知っておけば資産を築いていく道筋は簡単に見つかる、という内容だと考えてもらえば間違いないです。

 

最も新しいバージョンでは、この「投資の本質」がより強く受講者に意識される内容になっています。

 

ちなみにこのセミナーを主催する「グローバルファイナンシャルスクール」に入ると、1000近くある講義動画の1つにこの「投資の達人になる投資講座」の動画もあり、好きなときに見ることができます。

 

投資の達人になる投資講座

 

そもそも資産っていったい何?

 

ここで1つクイズです。

 

「資産」っていったいなんだと思いますか?

 

現金? 貴金属? 仮想通貨?

 

どれもちがいます。

 

答えは「資本を産むもの」です。

 

では「資本」とはいったい何でしょうか。

 

それは、「人や企業が価値を産み出し続けるためのお金や土地や設備」です。事業の元手となるものですね。

 

平たく言えば、それ自体が「お金を産むもの」です。

 

我々個人が目指す「投資」とは、お金を増やしてくれる「資本」に投じて「資産」を増やしていくことなのです。

 

では資産にはどんなものがあるでしょうか。

 

資産の種類は3つしかない

 

「投資の達人になる達人講座」では、これにあてはまる「資産」は3つしかないと教えています。

 

「株式」「債券」「不動産」

 

この3つだけ。

 

これらにお金を投じることが「投資」であり、それ以外はみんな「投機」と考えます。

 

希少性だけで価値が上がる金や仮想通貨も、為替の変動を利用して貨幣を売買するFXも、それらがお金や資本を生み出すわけではありません。

 

さらに言えば、チャートだけを見て上がるか下がるかを予想して売買する場合は、たとえ対象が株式といえどもそれは「投機」とみなされます。

 

タイミングだけを見てお金を投じ、その差益を得ようとするものは、みんな「投機=ギャンブル」なのです。

 

投機にお金をつっこんではいけないと言っているのではありません。しかし、本当の「投資」ではないものにいくらお金をつぎ込んでも大した資産は作れないということを知ってほしいのです。

 

このあたりは僕も本当に身をもって実感したことです

 

投資とは人のオーナーになること

 

株式は本来、事業資金を出資した人がその会社のオーナーとなった権利を示すものであり、債券は国や会社に貸しつけたお金を返済してもらう権利を示したもの。

 

不動産とはこの場合投資用物件のこと(住居用の持ち家は資産ではなく負債です)。だれかに貸すことで家賃収入が得られる財産ですね。

 

いずれも共通するのは、「人(国民)が働いて生み出す富(利益)を享受する」こと。すなわち「人間のオーナー」になることなのです。

 

これが売買のタイミングで差益を得る「投機」と決定的に違うところです。画像は「投資の達人になる投資講座」の当該説明部分(ぐちゃぐちゃですけどw)。

 

資産とは何か

 

それ自体は何も生み出さないものにお金を使うのが「投機」。

 

それに対して、人のオーナーとなり、彼らの労働、ひいては国や会社の成長が生み出す利益をいただくのが「投資」です。

 

なので投資に必要なのは、世界を見る目、経済を見る目、企業を見る目であり、これらを養って、成長する資産にお金を投入し続けることが重要なのです。

 

成長し続ける「地球」に投資せよ!

 

日本はともかく、そもそも地球上では人口がまだまだ増え続け、彼らの労働と消費によって経済は拡大し続けます。

 

下記は2050年までの世界の人口推移のグラフです(国連資料を元に総務省統計局作成

世界人口推移

 

これを見ると、世界の総人口は現在の約76億人から2050年には91億人超まで増える見込みです。

 

つまり、少子高齢化で人口減の日本はともかく、経済がまわり富が生まれる国や地域や社会は地球上のどこかに必ず存在するわけです。

 

その成長を続ける地域や会社、債券や不動産などに継続的にお金を投じていけばいいのです。

 

成長力や利益の大きさに差はあるものの、これらを探すことはそんなに難しいことではありません。

 

少なくとも、タイミングをみはからって売買を繰り返す能力は必要ありません。

 

長い目でみれば利益を生み出し続ける資産にお金を投じるほうがずっと楽だし、投機などよりずっと自分の資産が大きくなるのです。

 

資産形成で最も重要な計算式

 

資産がわかったところでもうひとつ、「投資の達人になる投資講座」で教えてくれる最も重要な計算式も書いておきましょう。

 

それは、

 

 資金 × 利回り × 時間 × 知識

 

です。これだけ見てもなんのこっちゃと思うかもしれません。

 

これは資産形成の公式みたいなものです。これらすべての要素が掛け算となって、とんでもない数字になっていくことをこの講座は教えてくれます。

 

たとえば、僕が投資初心者の方によくおすすめしているアメリカのS&P500(エスアンドピー500)連動の投資信託は年平均でだいたい9%くらい成長しています(以下の記事)。

 

積立でフリーダム
3分でわかる「S&P500」インデックス投資 超簡単まとめ|初心者・つみたてNISAに絶対おすすめインデックス投資の王様ともいうべきS&P500。その「完全理解」をめざして書いた3本の記事をぎゅっと1本にまとめたエッセンス版。難しい用語を極力避け、基本はこれで十分という内容にまとめました。おすすめの投資信託やETF、損失時の考え方もあわせて掲載。...

 

いま30歳の人がこの指数に連動する利回り9%の投資商品に月々3万円ずつ投資していった場合、30年後の満60歳になるころにはいったいいくらになっているかわかりますか?

 

年36万円×30年で、実際に投じるお金は計1080万円です。この9%は97.2万円。

 

ということは、1080万円+97.2万円で、約1177万円でしょうか。

 

いいえ、違います。

 

答えは、約5500万円です!下図は楽天証券の積み立てシミュレーションより。

 

楽天証券シミュレーション

 

右下の棒グラフの薄い青が投資元本、その上の濃い青の部分が運用収益です。これが利息が利息を生む「複利」のパワーであり、「利回り × 時間」の威力なのです。

 

仮にいま50歳の人が月々9万円ずつ10年間積み立てたとしても、60歳では1700万円ほどにしかなりません。投資元本は同じ1080万円なのに。

 

この複利のパワーがわかっていれば、若いうちから1日でも早く投資を始めることがいかに大切かがわかるのではないでしょうか。

 

知識が0では資産は増えない

 

上の計算式でこの「知識」が0だったらどうなるでしょう。

 

0になにをかけても結果は0です。足し算ではなく、掛け算なのですから。

 

より高い利益を生み出す資産が何かを探し出す努力もせず、ただ人のすすめる銘柄や商品を買ったり、下手な投機に手を出したりしても、資産は増えません。

 

銀行や生保の外交員の言いなりになってぼったくり投資商品にだまされたり、投資詐欺に(詐欺とわからずに)引っかかったり、人のつぶやいた銘柄に高値で乗っかったりして、損して泣きわめくのがオチです。

 

一例をあげると、世の中には「月利何%」「毎月配当」なんて高いリターンをうたい文句にした投資商品が山ほどありますが、知識がない人はこういうのにコロっとだまされます。

 

「毎月配当が出ていてすばらしい」なんて思ったあなたは要注意。詐欺師が喜ぶカモ予備軍です。

 

投資詐欺

 

投資商品というのは「年利」で考えるのが常識です。月利で5%だの10%だの、絶対にありえません。そんな簡単なことでも初心者の多くは知らないのです。

 

良い投資商品はだれも売ろうとしない

 

銀行マンや証券マン、保険外交員たちが売りたいのは、あなたが本当に必要とする商品じゃありません。いい投資商品は手数料が安く、彼らにとって儲けにならないからです。

 

販売員が言葉巧みに売り付けてくるのは、あなたからいかに高い手数料がふんだくれるか、月々の高いサービス料をどれだけ長く支払ってもらえるかという商品なのです。

 

しかし、そんなそぶりはつゆほども見せず、いかにもあなたの「老後のため」「安心のため」と言って売りつけてきます。

 

「投資の達人になる投資講座」ではこうした詐欺のような商品についても簡単に見抜ける方法を教えてくれます。

 

なので、投資知識はないけどある程度資産があるような人も、この講座を視聴して彼らの”やり口”をしっかり学んでおくといいと思います。

 

強引な勧誘は一切なし 期限内に何度も視聴OK

 

先に書いた通り、「投資の達人になる投資講座」はオンライン投資スクールのグローバルファイナンシャルスクールが主催する無料セミナーです。

 

なので、スクールの宣伝が動画の最後の方に多少はあります。

 

でも、別に気が向かなければスクールに入る必要も、宣伝の部分も視聴する必要はありません。

 

僕はセミナー会場に足を運びましたが、それでも簡単なアンケートに答えるくらいで、強引な勧誘など一切ありませんでした。

 

グローバルファイナンシャルスクールは、大きなメディアでの宣伝なしに数千人もの生徒を口コミだけで集めてきた実績があります。だから、強引な勧誘など必要ないのでしょう。

 

セミナーの中でも「趣旨に納得した人だけ申し込めばいい」「合わない人はやらない方がいい」という講師の強気発言もありました。

 

まあオンラインで受講するのであれば、勧誘うんぬんの心配すら不要ですよね。ためになる部分だけ無料で聴けばいいだけです。

 

しかも視聴期限内であれば何度でも繰り返し視聴が可能です。

 

基本のスクールあっての投資講座

 

でも、このスクールとセミナーを始められた投資家の上野ゆきひろさんの気持ちは視聴していてよくわかりました。

 

世の中には投資初心者をころっとだますうさんくさい投資話が山ほどある一方、まともな金融教育の場があまりにも少なすぎるんです。

 

投資の達人になる投資講座目次

 

講師の上野さんは、「ほかにいい学校があればいいけど、自分で入りたい学校がほかになかったから自分で作るしかなかった」と語っています。

 

実際、多くの投資セミナーはほとんどが「投資商品」の販売が目的なので、中身がその場限りの話か、おざなりなものが多いのです。

 

今の世界情勢とか投資環境の話を人気アナリストなんかが適当に話をするだけで、初心者が聞いてもたいした役にも立たない上に、結局は変な投資商品やサービスを売りつけられるのがオチです。

 

セミナーマニアの僕は山ほどそういうの体験してきました

 

その点、「投資の達人になる投資講座」はきちんとした投資スクールという母体、成功した投資家による正しい投資教育のバックグラウンドがあるからこそ説得力があり、実際に役立つ内容になっているんだろうと思います。

 

投資の実践的な内容も

 

セミナーの最後の方では、投資先企業の見つけ方など実践的なことも教えてくれます。

 

四季報チェックポイント

 

銘柄探しについては僕も、このセミナーで学んだことを多少アレンジして「四季報での銘柄探し」の記事に仕立てています。興味があったらお読みください。

 

四季報読み方
人気記事|初心者でも超簡単!四季報でテンバガーを発見するおすすめの読み方会社四季報で初心者でも超簡単にお宝銘柄を見つける方法を伝授。余計な文字情報や業績数字を読み込む必要もなく、値上がり株を見つけ出します。「テンバガーの条件」も併記。実際はダブルバガー銘柄を見つけてそれを次々乗り換える投資手法をおすすめします。...

 

四季報で優良企業を探し始めると、けっこうおもしろくなってきます。会社員の方や自営業の方には、企業を見る目を養うことにもつながり、とても有用だと思います。

 

講座の中で語られていた「2倍株を9回見つけたら60万円が1億円になる」という話も面白かったです。実際に僕のやり方がそれに近い感じでしたから。

 

詐欺的な怪しい要素一切なし

 

この「投資の達人になる投資講座」や監修のグローバルファイナンシャルスクールのことを「怪しい」「詐欺」とにおわせる記事をほかで見かけました。

 

しかし、結論を先に言えば、この講座やスクールに怪しい要素や詐欺要素などは一切ありません。

 

おそらくそうした検索ワードで調べてくる「慎重派」の人々のニーズに訴えて、別の投資サイトに呼び込もうという会社が適当に書いているだけと思われます。

 

実際、GFS事務局に電話で確かめたところ、警察から削除を命令されたような悪徳サイトがそうした誹謗中傷しているようです。

 

グローバルファイナンシャルスクール(GFS)は詐欺?怪しい?というウワサの真実

 

結論からいうと詐欺的要素はまったくないと思います。

僕自身、セミナールームのある本社に足を運んで「投資の達人になる投資講座」を受講し、スクールにも入学もしていますし、セミナーは参加者50,000人以上の実績があり、スクールに入学した生徒も8,000人以上いて、みんな楽しく勉強をしている様子を生ライブ講義などを通して目にしていますからね。

詐欺のうわさの出どころは、よく見かける投資関連の口コミサイトでした。それこそ詐欺まがいの投資情報で客から金を巻き上げている投資顧問会社運営のサイトです。「詐欺」で検索してきた客を自社に誘導するページで、監督官庁からページ削除などの改善命令も出ているようです。

この詐欺ページには、別の怪しげな投資関連会社との関係が書かれていましたが、GFSの事務局に取材してみると、「当社とはなんの関係もないですよ。書いてあることは根も葉もない悪意あるウソです」とのことでした

 

それこそ「●●投資顧問」など詐欺的な投資助言をする会社に誘導されてカモにならないように注意してください。

 

かもねぎ

 

この詐欺問題に関しては別記事も書きましたので、興味のある方はお読みください。スクールやセミナーを広くおすすめしている僕としても看過できないため。

あやしい猫
グローバルファイナンシャルスクール(GFS)は怪しい?料金は高い?をサクッと解説最近広告でよく見かけるグローバルファイナンシャルスクール(GFS)の料金は高いのか、「怪しい」という評判は本当なのか。投資セミナー・スクールマニアの元経済記者が客観的な判断材料や実際に入会してみた中身の検証を踏まえて考察しました。...

 

まあ結論は一緒ですけど

 

結論初心者が最初に学ぶべき理想のセミナー

 

「投資の達人になる投資講座」自体は信頼できる、とてもすぐれた講座だと思います。

 

というより、経済記者歴約20年、投資家兼金融・経済ライター歴約7年の僕が、投資を学び直すためにかたっぱしから受けた中でも真っ先におすすめしたい理想の投資セミナーだと思います。

 

このセミナーで語られる投資教育に対する情熱と知識は本当にすばらしく、金融の現場を長く知る僕も思わずうなってしまう内容でした。

 

けっして奇をてらわず、言われてみたらその通り、なんでそんなことに気づけなかったんだろうという、いわば「投資の王道」が学べます。

 

正直言って、いまこのセミナーよりすぐれた初心者向け講座は(有料講座も含めて)ほかに存在しないのではないかと思うくらい。

 

僕自信が投資家として何年も試行錯誤してある程度到達した「投資で一番大切なこと」に、この講座はたった3時間ほどで気づかせてくれるのです。

 

セミナーもいいけど、スクールが至高!

 

実は僕自身はセミナーを受けた後にすぐに主催するグローバルファイナンシャルスクールに入学しました。

 

いろんなセミナーを受講しましたが、すぐにでも入会して勉強したいと思ったのはここが初めてでした。

 

そして、このスクールが想像以上にいいものでした。入会金など速攻で元が取れましたし、経済・金融・投資の学びの場としても、そのへんの大学の経済学部を軽く凌駕している質と量ですので、ほんとにお得感しかありません。

 

料金や内容について興味のある方はこちらの記事もどうぞ↓↓↓

猫とGFS
【2021年7月更新】グローバルファイナンシャルスクールに自腹で入会してみた感想と評判・口コミグローバルファイナンシャルスクール(GFS)に元経済記者が自腹で入会した率直な感想をまとめました。1000本以上の講義動画や講師陣のレベル、サービス内容、料金は高いのか安いのか、あやしいといううわさの真偽に加え、評判・口コミも紹介します。...

 

ここではスクール紹介は目的ではないので省略しますけど、1点だけ推薦理由を挙げると、このスクールのメイン講師陣がものすごくいいんです!

 

校長でもある市川先生など、投資や経済にまつわる深い話を実にわかりやすく語ってくれます。

 

性格も声もやさしく、ずっと聞いていたくなる講義をしてくださる先生ですね。おそらくスクールに入った方はみんなファンになるんではないでしょうか。

 

この動画に登場していますのでご覧ください↓↓↓

市川雄一郎氏

国家資格 1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産運用設計業務)
世界24カ国のFP国際資格CFP®認定取得 MBAも取得
東京証券取引所から日本のお金の専門家10人の1人に選出
(他にはさわかみファンドの澤上篤人氏、ひふみ投信の藤野英人氏ら)

 

2021年2月に、イメージキャラクターの武田鉄矢さんと「お金の教育」について対談しています。坂本龍馬の近江商人ネットワークから村上ファンドのお父さんの話まで、興味の尽きない内容です。日本人にはきちんとしたお金の教育が必要ってことですね。

 

金八せんせ〜

 

ちなみにスクールの運営スタッフの方々の対応も本当にやさしくて丁寧で感動します。こちらの動画ページのなかほどにスタッフの動画があります。

https://gfs-official.com/movie-list/

 

スタッフの対応って意外と大事です。どことは申しませんが、「入ってしまえばあとはどうでもいい」みたいな対応のスクールが多いですからね。

 

投資は地道な努力が実を結ぶ楽しい作業

 

さて、今回は「投資の達人になる投資講座」とそれを主催するスクールについて紹介してきました。

 

投資はそんなに難しいものではなく、正しいやり方ですすめていけば危険はほとんどありません。

 

そして投資家1人1人が資本主義経済を回す主役になり、しかもお金が増えていく。そんな楽しい作業でもあります。

 

その前提として正しい「投資」をしなくてはならないことを語ってまいりました。その意味で、この「投資の達人になる投資講座」で投資初心者が学ぶべきことはかなり多いと感じます。

 

講座は通常5000円ですが、期間限定で無料となっており、オンライン受講ももちろん可能です。

 

ぜひこの「投資の達人になる投資講座」で投資の本質を学び、長く有意義な投資ライフを歩み初めていってください。

 

記事を読んで興味を持たれた方は下のボタンから案内ページに飛んでください。受講方法などが記されています。↓↓↓

投資セミナーマニアの僕イチオシの無料投資講座はこちら↓↓↓

【実際の投資成功者が教えてくれる、生涯資産に差が出るセミナー】

達人講座トップ

講義数や生徒数など4部門で日本一達成のオンライン投資スクールが監修、累計50,000人超が受講した無料投資講座です。初心者から経験者まで、この講座で「本当の投資とは何か」「人のオーナーになるってどういうことか」「資産作りに欠かせない方程式とは何か」を知った上で投資を始めるだけで、生涯資産のケタが1つ2つ変わってくるはずです。セミナーマニアの僕ぐれあむも、これを視聴して余計なトレードをやめてから投資成績が飛躍的に上がり、資産億超えの原動力になりました。公式案内と申し込みページは下のボタンからどうぞ↓↓↓

 

 

以下の関連記事もどうぞ↓↓↓

投資スクールランキング
最新2021|オンライン投資スクールランキング|元経済記者が実力を徹底比較!元経済記者が総額100万円以上自腹を切って入会した投資の学校(オンライン講座)ランキング。ブログ内で紹介してきたスクールを、その内容と感想、実力、評判、口コミを徹底比較してまとめました。実際にお金をかけているだけに、率直かつシビアに評価しています。...
猫とGFS
【2021年7月更新】グローバルファイナンシャルスクールに自腹で入会してみた感想と評判・口コミグローバルファイナンシャルスクール(GFS)に元経済記者が自腹で入会した率直な感想をまとめました。1000本以上の講義動画や講師陣のレベル、サービス内容、料金は高いのか安いのか、あやしいといううわさの真偽に加え、評判・口コミも紹介します。...

 

 

その他の記事