お金の勉強

r>g(アール大なりジー)を3分で解説|読まずに語れるピケティ『21世紀の資本』

 

ぐれあむ勉
ぐれあむ勉
こんにちは、ぐれあむです。今日も投資の勉強していきましょう!

 

今日は、フランス人経済学者トマ・ピケティとその著書『21世紀の資本』の話を書きます。

 

ド〜モ〜

 

 

ピケティ氏(以下敬称略)が2013年に発表した本書は、資本主義の矛盾を見事にあぶりだし、経済学に一大センセーショナルを巻き起こしました。

 

この本の中身とそこで示された不等式「r>g」(読み方は「アール大なりジー」「アールダイナリジー)の意味、さらにその式の裏側にある「お金持ちになるヒント」を解説していきます。

21世紀の資本

不等式「r>g」とはなにか

 

『21世紀の資本』の分厚い内容を簡単にまとめると、以下の3点に集約できます。

 

『21世紀の資本』の要点

①経済成長率より資本収益率の方が高くなる傾向がある。

②この格差不平等は世襲を通してさらに拡大していく。

③不平等是正には資産への課税強化が不可欠。

 

この①を簡潔に表したのが不等式「r>g(アールダイナリジー)」です。

rとはリターン(return=資本収益率)

gとはグロース(growth=経済成長率)

のこと。

 

労働者の所得成長は経済成長とほぼ等しいので、gの経済成長率は所得成長率と同義と思ってください。

 

つまり、この不等式が意味するのは、

 

資本への投資によって得られる利益の成長率は、労働によって得られる賃金上昇率を常に上回る

 

ということ。

 

もっと簡単に言えば、金持ちが投資にあてるお金の方が労働者よりずっと効率よく稼ぐってことです。

 

悲しい現実、、、

ねそべる猫

 

この結果、持てる資本が大きければ大きいほど資本の蓄積は進みます。

 

従来の経済学モデルでは、資本収益の伸び率は富や所得の大小に関係なく一定と考えられていました。

 

でもピケティは「いやいやそんなことはない、裕福な人ほど高い収益を上げられる」と従来モデルを否定したのです。

 

ソユコト〜

 

たくさんの資本を持っている人ほど別の投資に回せる余裕があり、資産の運用・管理も高度な専門家に任せることができる、というのがその理由です。

 

まあ、考えてみればその通りですよね。

コインが右肩上がりで増えていく写真

立身出世か資産家の娘との結婚か

 

ピケティが『21世紀の資本』の中で何度も言及している小説があります。

 

フランスの文豪オノレ・ド・バルザック(1799〜1850)の代表作『ゴリオ爺さん』です。

 

物語の舞台は1819年のパリ。

 

主な登場人物は、田舎から出てきた法学生のラスティニャック、極悪人ヴォートラン、そして隠居老人のゴリオ爺さん。みなパリにある同じ安下宿に暮らしています。

 

ラスティニャックは立身出世と社交界への進出に野心を燃やしています。この世間知らずの青年を利用してやろうと、ヴォートランが彼に社会の現実を「説教」しつつ、悪事をそそのかします。

 

以下はその「説教」部分を簡略化した僕の翻案です。

 

ヴォートラン「お前がものすごい努力をして検察官や裁判長、弁護士になっても収入はたかがしれてる」

ラスティニャック「それまじ?」

ヴォートラン「それより資産家の娘と結婚しろ。そうすれば何十年もあくせく働いて得る収入の何十倍もの資産がいっぺんに入って、出世も思いのままだぜ、ふっふっふ」

ラスティニャック「そんな娘がいったいどこにいるんだ?」

ヴォートラン「同じ下宿のすぐ向かいの部屋に住んでいるさ」

ラスティニャック「ヴィクトリーヌが!?彼女は無一文じゃないか」

ヴォートラン「父に認知されていないからな。このままだと彼女の兄が100万フランの財産をすべて相続しちまって、彼女には一銭も入らない」

ラスティニャック「それで僕にどうしろっていうの?」

ヴォートラン「俺がその兄を殺して、彼女が資産を相続できるようにしてやる。おまえは彼女と結婚してそれをせしめる。そうしたら俺に礼金をよこせ」

ラスティニャック「まぢか〜」

 

かいつまんで書くとだいたいこんな感じ。ヴォートラン、ラスティニャックがこの後どうなるかは小説を読んでのお楽しみ。

 

さて、もう一人の主役、ゴリオ爺さんはどんな人でしょう。

ゴリオ爺さん

 

ゴリオ爺さんはアパートの一番粗末な部屋に住み、下宿人みんなに嘲笑されています。でも、実はもともとは製麺業で財をなした資産家でした。

 

ところが、ふたりの愛娘を貴族に嫁がせるために1人につき50万フランずつ、合わせて100万フランの大金を投じ、自らは貧乏人に転落してしまったのです。

 

ゴリオ爺さんはやがて、娘たちに看取られもせずに孤独に死んでいきます。この悲惨な臨終に立ち会い、ラスティニャック青年は堕落した貴族社会に深く失望します。

 

そして、この青年がパリと社交界に挑んでいこうと決意するところで小説は終わります。

 

富める者と貧しい者の格差が広がっていく

 

ピケティは『21世紀の資本』の中で、この『ゴリオ爺さん』の中のヴォートランの「説教」(とは名ばかりの悪事への誘惑)の部分を繰り返し引用しています。

 

一体なんのためでしょう。

 

そのヒントは、小説の舞台となった1819年のフランス社会にあります。

 

この時期、フランスではナポレオン帝政が終わり、ルイ18世(下の絵のおっさん)が復位して王政復古の時代を迎えていました。

 

ルイ18世の肖像画

 

国王は形の上では立憲君主制をとりながら、市民革命やナポレオン帝政期に力を失った王侯貴族の権利を温存したため、どんどん彼らが力を取り戻します。

 

この時代はまた、イギリスから少し遅れて興った産業革命によって財をなした人々が現れ、「ブルジョワジー(中産階級)」として台頭していきます。彼らは資本家となり、富への欲望を高めていきます。

 

要するに、古い体制を残しながらも新しい市民社会が始まる、「フランス近代」「プレ資本主義」の萌芽の時代と言えばいいでしょうか。

 

とはいえ、裕福なのはひとにぎりの王侯貴族とブルジョワジーばかり。他の大多数の市民は最低限の収入すら得られず、貧困にあえいでおりました。

 

富裕層の図

ソファにねそべって寝る猫の写真

 

当時、パリで最下層として生きられる最低限の収入が年間400フラン程度。そして、何年も王侯検察官として仕えた人の年収が5000フラン程度でした。

 

これに対し、ヴォートランが殺そうと企んだ貴族の息子が遺産相続する予定のお金は100万フランです。ちょうどゴリオ爺さんが娘たち2人に与えたお金と同じです。

 

この100万フランはどういう金額かというと、これを元手にすれば年間5万フランの金利収入(年利5%)が得られるという大金でした。

 

400フランでぎりぎりの生活を送っている下層部の人々を考えたら、とんでもない額だということがおわかりいただけるでしょう。

 

このように当時は、富める者はますます富み、貧しい者はずっと貧しいままの超格差社会だったわけです。

 

ぐれあむ勉
ぐれあむ勉
田舎から出てきた青年が現実を知り、不平等から一刻も早く抜け出したいとあせる気持ちがわかってきます

 

現代に通じる格差社会の縮図

 

ピケティがこの『ゴリオ爺さん』を何度も引用したのは、当時のお金に関する生々しい記録であると同時に、まじめに働く者が報われない格差社会の縮図をこの物語に見出したからです。

 

彼はこの物語が示す格差の広がりを、資本主義に内在する矛盾ととらえました。

 

そして、この格差が19・20世紀を経て、21世紀の現代まで拡大し続けていることを実証しようとしたのです。

 

推測ではなく実証です。ここがすごいところ。

 

そのためにピケティは、15年もの歳月を費やし、18世紀から現代までの約3世紀にわたる20か国以上の富と貧困に関する数値データを収集しました。

 

おったまげ!

毛布から顔をのぞかせる猫

 

この地道な作業を通し、ピケティは資本主義がもたらす富の集中が貧富の格差を助長することを実証し、これまでの肯定的なとらえ方を覆したのです。

 

米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン先生は、

 

この本は我々の経済的論議を一変させた。本書によって社会の見方や経済のあり方が変わる

 

と絶賛しました。

 

こうして『21世紀の資本』は世界累計250万部を超える経済学書の大ベストセラーとなり、ピケティ自身も一躍「経済学」のトップスターに躍り出たのです。

 

とれびあんやで〜

 

富は世襲によってさらに増える

 

要点②で示した通り、資本家がたくわえた資産は相続・世襲されていくため、労働者との格差は縮まるどころかむしろ拡大していきます。

 

個人資産は相続税で減りはしますが、残ったお金を再投資すれば、株や不動産から再びインカムゲイン(配当や家賃収入)が入ってきます。

 

10億円の遺産が相続税で仮に半分に減ったところで、資産を持たない人と一緒のスタート地点に戻るわけじゃないですからね。

 

お先に~

マラソン競争で抜け出す女性の写真

 

それで思い出しましたけど、『ゴリオ爺さん』をぼろぼろの古本で読んでいた超ボンビー学生のころ、親から相続した株の配当で優雅に暮らすフトドキな友人が同級生におりました。

 

たしか父親が上場企業の元副社長か何かで、その会社の株を何十万株も相続したって話だったような。

 

この男がまたモテてモテて。

 

世の中って不公平だよね!

 

むしろそっちをひがんでるやろ!

むすっとした顔の猫の写真

 

ピケティに話を戻すと、受け継がれる資産は何も個人のものだけではありません。たとえば会社の資産。

 

設備や不動産、キャッシュの内部留保、さらには労働者さえも資産として蓄積され、事業存続とともに次のトップに受け継がれます。

 

そして例のモテモテ同級生のような、新たな「レンティア(フランス語で不労所得生活者、金利生活者のこと)」が次々と生まれていくのです。

 

そう考えると、格差が自然に縮まるとは到底思えませんね。

 

ユーロの札束

 

要するに資本家はずっと得をしている

 

ピケティが3世紀分の資本と労働のデータを集約し、さらに2000年にわたる人類の成長を加味して作った有名なグラフがこちら。

 

ピケティr>g

出典:ピケティHP

 

上の折線グラフが年間の資本収益率(r=税引き前)、下が経済成長率(g)の推移です。縦軸の単位は%、横軸が西暦(0年〜2100年)。

 

これを見ると、をずーっと上回ってますね。

 

20世紀前半(図の1913-1950→1950-2012)にrとgの差が急速に縮まっています。税引き後には逆転している時期もあったようです。

 

これは2度の世界大戦や金融恐慌によって資本の多くが破壊されたり消滅したりしたためと考えられます。

 

でもこれもすぐ戻り、この先ずっと格差が広がっていく未来が待っています。

 

従来の経済学では、資本主義が進むほど富が多くの人に行き渡り、その結果所得格差が縮まって人々は平等化する、とされてきました。

 

硬貨を積み上げた柱が2本と、その上に屋根に見立てた三角に折ったお札

 

しかしその分析は、20世紀の先進国(主に米国)という狭い範囲に限って研究がなされた結果にすぎなかったのです。

 

経済学者はだれひとりとして20か国3世紀ものデータ収集などやりたがりませんからね。そんなことは歴史学者の仕事だと半ば見下していたんでしょう。

 

でもピケティは、このだれもしようとしなかったことを15年かけてやったのです。

 

そして、より長期で広範なデータを見渡すことで、戦後の先進国は資本主義の歴史の中の例外にすぎない、過去200年の資本主義下では常に資本成長が経済成長を大きく上回ってきた、と看破できたのです。

 

この格差、21世紀はどうなんの?

 

さきほどのグラフでもおわかりの通り、21世紀に入って先進国の経済成長率(g)が軒並み鈍化したことで、再び資本成長率(r)との差が広がり始めています。

 

ピケティは、この差を縮めるためには法人税や相続税などを強力な累進課税にする必要があると主張しています。

 

労働者の賃金を上げ、所得減税をする一方、資産に対しては増税していく。これが自然な解決策であると。

 

ちんあげさんせー!

何か叫んでいる猫

 

このまま何もしなければ、西暦2100年にはrとgの差はベル・エポック(産業革命が進み、消費文化が花開いて1つの頂点を迎えた時代)のころと同じくらい広がる、とも予測しています。

 

ただ、ピケティの提言する資本への急進的な課税には、「リスクテイクのインセンティブを弱める」という反対意見も強いようです。

 

投資をする、資金を出して起業するなどの「リスク」を取ることが経済発展の原動力なのに、成功者に大きな課税を課したらだれもリスクを取らなくなる、という考えです。

 

それに法人税が大きい国からは大きな企業が逃げていき、結果的に税収や雇用の低下につながります。

 

それもごもっとも

ピアノに乗る猫

 

しかし、中産階級が消滅し、一部の大金持ち資本家と大多数の低所得労働者とに二分される『ゴリオ爺さん』時代のような未来社会は、あまり健全とは思えませんよね。

 

格差社会、日本はどうなの?

 

「持てる者」と「持たざる者」の格差はわが国でも広がっています。

 

ピケティは『週刊東洋経済』のインタビューで、日本の状況について「欧州と似ているが欧州よりも極端なケースになっている」と語っています。

 

その表れとして、国民所得に対する民間資本の割合が、戦後の3倍から現在では6~7倍にふくれあがっていることを挙げ、「経済成長がスローな国では資産の蓄積がより大きくなる」と説明しています。

 

そして人口減少社会が進み、子供が少なくなると、相続財産(過去に蓄積された富)の割合がより大きくなるため、「時代を経るにつれて大きな不平等を生むリスクを抱えている」と警告しています。

 

それはこまるよ~

そろそろ歩く猫

 

『21世紀の資本』を読むにつけ、どうもわが国は税制面でことごとくピケティの提言と反対のことをやっている気がします。

 

賃金が上がらないまま所得減税をやめ、年収が落ち込む中、逆に低所得者ほど負担感が大きい消費増税を断行。

 

一方で大企業に有利な法人減税、中小企業には手厚い優遇税制を敷き、投資を促して海外との競争力を高めようとしています。

 

でもこのデフレ下で企業はひたすら内部留保に走り、利益を吐き出しませんから、積極投資や賃上げが進むはずがありません。

 

そういう意味では資本家(株主)にも還元されてないって話かも、、、。

 

私は専門家ではないので、この先の議論は政治家や経済学者に任せますが、「失われた30年」のデフレは、こんな税制面の悪循環が原因なんじゃないかと思えてなりません。

 

底なしのデフレスパイラル

螺旋階段と降りていく人間

 

結論、gではなくrの線に乗れ!

 

僕は経済学なんてしょせん答えの出ない宗教みたいんもんだと思っている人間なので、ピケティの意見に全面的に賛同しているわけではありません。むろんピケティが論破した従来の経済学の資本主義観はさらに疑うしかない。

 

ピケティについては、高所得者や高収益の企業にぶあつく課税せよみたいな解決策ってちょっと現実離れしてない?って思ってしまいます。投資を呼び込めずに他にとられていく国は、いずれ痩せ細っていくと思うからです。

 

「ピケティは都合のいいデータしか出していない」「20世紀は下層の人の収入の方が上昇率が高く、格差はそこまで広がっていない」という反論もあります。下の書籍などに反論の主旨がまとめられていました。本人もある程度認めているようです。

 

ただ、これからの世界経済や格差社会を考える上で本書『21世紀の資本』は欠くことのできない基本文献となるのではないでしょうか。

 

まあどのみち、われわれは政府の税制面の政策転換など待っていられません。何が正解なのかもわかりませんから。

 

わかっているのは、この資本主義経済の世の中は、どうやら資本家に有利なようにできているらしいってこと。ピケティがそれを15年かけて証明してくれました。

 

僕が本書をとりあげたのも、ピケティ理論をどうこう言いたいのではなく、あくまで「投資家目線」で考えた時、労働による成長より投資による成長の方がずっと早く資産を増やせますと主張したいためです。

 

僕が投資の勉強をしているグローバルファイナンシャルスクール(GFS)の投資講座でもちょうど同じ話をしていました(*画像著作権はGFSに帰属します)。

資本成長>労働分配

スクールの紹介はこちら↓↓↓

猫とGFS
グローバルファイナンシャルスクール(GFS)|元経済記者が自腹で入会してわかった11の特徴と口コミ・評判(2021最新)元経済記者兼個人投資家が自腹で入会した投資スクールを紹介する第2弾。グローバルファイナンシャルスクール(GFS)を紹介します。生徒数10,000人突破、1,300本超の動画講義が見放題の人気スクールの本当の実力、講師や講義のレベル、サービス内容を11の特徴にまとめました。...

 

さて、そろそろまとめに入りましょう。

 

我々が不等式「r>g」から学ぶべきことはなんでしょうか。

 

答えはただ1つ。

 

やせ衰えるgの線ではなく、拡大し続けるrの線に乗れ!

 

すなわち、

 

早く資産をつくりたいなら労働するだけでなく、1日でも早く資本家(投資家)になれ!

 

ってことです。

たつ!

立ち上がるミーアキャット

 

100円からでも3000円でも、だれでもいつでも投資をすれば資本家になれます。資本家になること、投資をすることはお金持ちの特権なんかではないのですよ。

 

今日から行動にでましょう!

 

ピケティ『21世紀の資本』はこちら

おすすめのやさしい解説本はこちら

 

(追記1)

「週刊現代」の記事が図解入りでわかりやすいのでご紹介。後半にあるピケティ氏の講演後の東大生との質疑応答が抜群に面白いです(記事はこちら)。

「親は選べないが、貧しくても恥じることはない。いかに将来、世界に貢献できるかが大事。ただ格差によって教育の機会が阻まれてはいけない」というピケティの言葉が心にしみます。

 

(追記2)

ピケティの新刊「Capital and Ideology(資本とイデオロギー)」が2019年に本国フランスで発売され、英語版が2020年3月に出版されました。

 

超富裕層への富の集中が人類をダメにするという内容で、こうした最富裕層が死んだら相続税率を最大90%まで引き上げる、25歳になった市民に公的補助金を一律支給するなどの提案をしているようです。

「富の再分配」が叫ばれる中、日本での出版も待たれるところですね。

 

 

(追記3)

『21世紀の資本』はその後、映画化もされました。監督はジャスティン・ペンバートン。ピケティご本人も出演しています。

ジャーナリストの池上彰氏は「本も読んでほしいところだが、まずは映画で現実を直視しよう。いくら働いても豊かになれない秘密を映画は教えてくれる」とコメントを寄せています。

公式ホームページはこちら

21世紀の資本映画化

Amazonプライムで視聴できます。

 

 

おすすめの投資スクールランキングはこちら(画像をクリック)

投資スクールランキング

「受講してよかった」「家族・友人に教えたい」の声続出!おすすめの投資入門セミナーはこちら(画像をクリック)

投資の達人になる投資講座