記者のお仕事

マスコミが取材先とズブズブになる政財界の「黒いメシ」|新聞記者のお仕事(1)

 

こんにちは、ぐれあむ勉(べん)です。

今日は投資の勉強はお休み

ちょっと趣向を変えて、新聞記者の仕事の裏話をしてみます。

需要あるかな?

 

ああ、赤坂の夜は更ける

「新聞記者は体力が資本」と前回記事で書きましたね。昼間に取材・執筆して、夜討ち朝駆けは当たり前。取材を兼ねた飲みの席も多いと。

預金が勝手に目減りするステルス値上げとは|その見えない恐怖とリスクをやさしく解説預金だけだとお金が目減りするという恐怖を、価格を上げずに中身の量を減らしていく見えないインフレ(ステルス値上げ、ステルスインフレ、シュリンクフレーション)を通して解説。質を落とすステルス値上げも深刻。これらは事実上の税金(インフレタックス)と同じで、貨幣の価値が相対的に下落していくことを解説します。...

 

ここだけの話、政治部の記者はよく政治家に美味しい夕飯をゴチになっているなあと思って見ていました。

 

名目は「記者懇(記者懇親会or記者懇談会)」だか「意見交換会」だか。

政治家本人(または秘書)が子飼いの番記者を集めて意見を聴く、みたいな建前ですね。

赤坂あたりの高級料亭で開いて、お開きの頃にはいつの間にか会計が済んでいるって寸法です。場合によっては1人ずつ領収書が渡されるなんてこともかつてはあったと聞きます(理由はわかりますね)。

道義的にどうかと思うけど、ここで政治家ご本人が重要なことをささやいたりするので、番記者は行かないわけにいかないようでした。

自分の分だけお金を出すというマジメな社もあるみたいでしたが、別会計にすると秘書に余計な仕事を増やすことになるし、そもそもそういうお金が経費で落とせない社もあります。

いきおい、番記者は足並みそろえてゴチになるわけです。

 

政治記者と政治家のズブズブ

こうして政治記者は政治家とずぶずぶの関係になっていくわけですね。

昔は、優秀な政治記者なら政府を転覆させられるネタを1つや2つ必ず握っているなんて言われたものでしたが、果たしてそんな緊張関係が今はあるのかどうか。

きんちょう、、、

犬と猫が向き合ってる写真。投資相談に乗ってもらっている図

 

記者クラブという名の仲良しクラブの弊害も時々取りざたされますね。

記者は煙たがられるくらいがちょうどいいんだけど、飼いならされた記者ばかりになっているんではないかと心配になります。

ちょうど『新聞記者』という映画(藤井道人監督、松坂桃李/シム・ウンギョン主演)が話題になっていますが、あの原案となった同名の本や同じ著者の『同調圧力』(いずれも角川新書)に、記者クラブのことが書かれています。

著者は東京新聞の望月衣塑子記者

令和おじさん」こと菅義偉官房長官を質問ぜめにして怒らせたあの方です。

本の中ではけっこう驚くべきことが語られています。

特に、政府側から内閣記者会に対し、望月記者を黙らせるよう(事実上の締め出し)要請があったこと、同記者会の幹事社が望月記者の挙手を無視して質問を打ち切ったことなどは、ひどい話だと思いました。

同時に、おそらくその通りだったんだろうなあとも想像しました。平気で政治家に忖度(そんたく)するような記者を私も現役時代に社内外でけっこう見ましたから。

でももし、私もこの記者クラブの一員だったら、「めんどくせーなこいつ、この場で聞くなよ」「早く終わらせたいんだから、空気読めよ」と思っていたかもしれません。こういうのも無言の同調圧力になりますね。

 

 

まあこの場はあくまで投資の勉強ブログなので、そこまでジャーナリスティックに深入りはしません。

でも望月記者のように記者の初心を忘れず、権力に挑んでいく記者を、私は元新聞記者のはしくれとして応援します。

あ、映画はめちゃくちゃ面白いです!出演陣の演技もすばらしかった。

エンターテインメントによく落とし込んでいますが、けっこうマジな内容で、いろんな意味で恐ろしくなりました。

内調トップの「この国の民主主義は形だけでいいんだよ」というセリフ!背筋が凍る思いでした。

どっちかというと新聞記者より「高級官僚」の物語って感じでしたけどね。あの人間関係、上下関係のドロドロの一端を私も現役時代には垣間見たことがあります。

罪悪感と「黒メシ」と

閑話休題。

相手が払ってくれる食事会や記者懇親会は、政治記者に限らず、記者なら少なからず経験していると思います。程度の差こそあれ。

我々はそれを「黒メシ」と半ば自嘲的に呼んでいました。「汚れ」の黒なのか、腹黒いの黒なのか、いずれにしても後ろめたいものであることは確かです。記者にももちろん罪悪感はありますからね。

失礼しちゃうぜ!

 

私も地方にいたときなど、地元企業の経営者なんかに呼ばれて寿司や酒やらをゴチになったことが少なからずあります。

地方の金融機関の中には、記者を集めてうな重やら幕の内弁当やらをふるまう昼食会を毎月定期的に催すところもありました。

会場に行くと頭取はじめ役員が長い会議テーブルにずらっと並んで座っています。その向かいに地元の経済記者クラブに属する記者がずらっと座る。

 

他社の記者もいるし、広報の人間が後ろから監視しているしで、こんな席でろくに取材なんかできません

だから最初は雑談なんかしながら食べているんですが、そのうちネタも尽き、あとは双方、黙々と食べていきます。そして、食べ終わった頃、適当に用意しておいたヒマネタが発表され、頭取自らが説明して、記者はそれを手土産に社に帰ります。

ヒマネタとは、大したニュースじゃないけど、記事が足らない時に埋め草として入れるネタのこと。他に大きなニュースもなくヒマなときに使われるためそう呼ばれる。

 

「こういうのやめませんか」と広報に軽く提案したこともありますが、やんわり断られました。付き合いの長い地元紙のおじさん記者なんかが楽しみにしてたりするので、結局なくなりませんでしたね。

まあ嫌なら出なけりゃいいだけの話なんだけど、やはり心象を悪くするのはこちらとしても避けたいわけです。

地元の名士である頭取に取材させてもらえなくなるのも困るし、普段お世話になっている広報の人が役員や上司からどやされている姿を想像するのも心が痛むし。

 

まあ私もやめて6年以上になるので、まだこうした前時代の遺物のような黒メシ文化が続いているのかは定かでありません。

新聞社のコンプライアンスだってものすごくうるさくなって来ているはずなので、とっくになくなっていると願っておりますが、、、。

財務官僚がワリカンな理由

そこへいくと、財務官僚との食事は一点の曇りなき「白メシ」でした。

情報を聞き出すために我々が誘うケースが多いため、「今日はこちらが」と言ってお代を持とうとするんですが、みなさんかたくなに拒否してくるので、いつもワリカンでした。

この潔癖さがどこから来ているかというと、大蔵省時代のあの苦い経験があったからだと思います。

大蔵官僚がMOF担に接待づけにされ、大きな社会問題となり、とうとう逮捕者や自殺者まで出て、大臣や事務次官が辞任に追い込まれた事件、覚えていますか?

MOF担とは、銀行や証券会社の大蔵官僚折衝担当者。要するに金をばらまいて接待攻勢し、金融検査の検査日を聞き出したり、検査に手心を加えてもらったりするのが仕事。大蔵省=Ministry of Financeの頭文字から。

 

ノーパンしゃぶしゃぶ事件とか大蔵省接待汚職事件とか言われ、ひところ大騒ぎになったアレです。

これが2001年の中央省庁再編の間接的な引き金となり、大蔵省は財務部門と金融監督部門に真っ二つに分離されることになったのでした。

官僚は権力と権限を拡大増殖させるのが生きがい(使命?)だったりするので、大きな権限が2つに割れるのは相当な屈辱だったわけです。

ちきしょお、、、

猫が金網をさわっている写真

 

まあ記者個人の接待なんてたかが知れているので、そこまで心配していなかったと思いますが、彼らは自分のキャリアに傷がつくことを極端に嫌いますからね。

李下に冠を正さずってやつですね。いや、羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹くかな、この場合。まあどっちでもいいや。

要は疑われないように細心の注意を払っていたということです。それだけ、のど元過ぎても熱さ忘れずな事件だったということです。

 

あ、でも、記者が乗ってくる黒塗り社用車に乗って帰宅することには、皆さまあんまり抵抗がなかったようでしたね。

あの社用車、実は時間いくらでタクシー会社から運転手付きでまわしてもらっているので、厳密に言えば「接待」なんですけどね。

 

まあそこは内緒にしておきますか。

 

 

新聞記者のお仕事(2)に続く

夜明けの乾杯
γGTPの高さを競う猛者たちの「ゲンコーよりケンコー!」|新聞記者のお仕事(2)新聞記者の生態や裏話を紹介するシリーズの2回目。昔から「原稿より健康(が大事)」と言われているが、記者の生活は不規則で、過重労働に睡眠不足、深夜のアルコール摂取などが重なり、不健康な人が多い。記者は平均よりガンの罹患率も高い。自身の経験も交え、新聞記者の仕事のブラックぶりを暴露した。...

私ぐれあむが自腹を切って入会した投資スクール・お金の学校(オンライン講座)の本気のランキングはこちら↓↓↓

ランキング
最新|投資の学校ランキング 評判のスクールに自腹で入会した感想、口コミ元経済記者が総額100万円以上自腹を切って入会した投資の学校(オンライン講座)。これまでブログ内で紹介してきたスクールをランキング形式にし、その内容と感想、実力、評判、口コミをまとめました。実際にお金をかけているだけに、可能な限り率直に、かつシビアに評価をしています。...

500冊以上読んだ投資関係の書籍から厳選したおすすめ投資本の名著20冊はこちら↓↓↓

投資本 本棚
2020年最新版|700冊から厳選!絶対はずせない投資本の名著20選(初心者から上級者までおすすめ)投資本マニアの僕が700冊以上読んだ本の中で、投資家なら絶対はずせない名著20冊を厳選して紹介するセレクション2020年最新版。古典的バイブルから新しめの指南書まで、ステップに応じて読めるようご紹介。読めば投資レベルが確実にアップします!...