投資について

緊急投稿|株の大暴落で損切りする?損切りしない?ロスカットスピードが生む資産形成格差の考察

ぐれあむ勉
ぐれあむ勉
こんにちはぐれあむです!今日も投資の勉強していきましょう
ダウの犬
ダウの犬
もう株はこりごり

 

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で株式市場は暴落の嵐の真っただ中ですね。

みなさんは損切りをしましたか?それとも現物だからいいやと損切りしないでガチホですか?

すぐにはできなかったけど途中で含み損の大きさに耐えられなくなって損切りした人もいるでしょうね。

もう株はこりごり
そのパターンね(笑)

 

今日はこの大暴落時の損切りについて自分なりに考察した結果を書いてみました。

結論から言うと、含み損に耐えられるメンタルがあるならガチホでもいいけど、早く損切りして再スタートを切った方が心も軽く、資産形成のスピードも速くなりますよ、という話です。

今さら手遅れやろ

 

バイ・アンド・ホールドは本当に正しいのか

長期投資家の皆さんは、株は必ず上がってくるから、Buy&Hold(バイ・アンド・ホールド=買ったら売らずにずっと持ちっぱなし)でいいと考えているかもしれません。

もちろん、それはある意味正しいです。

下記は米国S&P500指数の1950年から近年までの超長期チャートです(Wikipedia英語版「S&P500」より)。世界一の投資家バフェット氏をはじめ、多くの投資家が信頼を寄せ、これを目標、ベンチマークとする投資信託も多いインデックスです。見事に右肩上がり。

S&P500_1950-2016

 

このブログでも何度か紹介しているジェレミー・シーゲル教授も、株式市場は過去200年常に成長し続けていて投資先として最も優れたパフォーマンスを示していることを証明しています。

下図はシーゲル教授の名著『株式投資』にある有名な「株式と債券の実質トータルリターン」のグラフです。1801年に1ドルを株に投資していたら、インフレ率を加味しても75万5,000倍に増えたというわけです。

シーゲルグラフ

 

日経平均も、かなりイレギュラーなバブル期とその崩壊以降の30年デフレに目をつぶり、全体を薄目で眺めれば(笑)、成長はしているのです。

日経平均超長期チャート

リーマンショック後の最安値から昨年高値までなら約10年で3倍近くになっていました。

日経平均 リーマン後からコロナショックまで

 

これらの株価のパフォーマンスを見る限り、長い目で見れば幾多の暴落も小さな落とし穴に過ぎず、指数は力強く右肩上がりで上昇していってるのがわかります。

日本や界の経済が拡大成長していく前提であれば、暴落しても放っておけばいつか値を戻し、暴落時を追い抜いていくでしょう。

そんな話をS&P500の紹介記事でも書きました↓↓↓

s&p500、topix、stoxx600
S&P500完全理解その1|投資の神様がおすすめのインデックス投資初心者が何から投資を始めたらいいか、その最もおすすめする投資先として、投資の神様お墨付きの米国の株式指数S&P500を利用したインデックス投資を全3回で解説。1回目はこの指数の特徴や成績、各種データ、投資方法などをご紹介。...

 

個別株も同じことで、先々の成長が見込める銘柄ならやはり暴落は一時だけと考えるのがバリュー・グロース投資の王道です。

特に短期トレードに自信のない人が、暴落で被った損失をリカバリーしようと今のジェットコースターみたいな相場に参戦しても、おそらく傷口を広げるだけです。

であれば、死んだふりして持ち株を塩漬けにして、嵐が過ぎるのを待つのが得策なのかもしれません。

ジェットコースター

 

ただ、資産形成のスピードという意味では、こうした大暴落時のBuy&Holdは必ずしも正解とは言えないのではないか、というのが今回考えたことです。

それを次の章で見ていきましょう。

 

▲10~20%の暴落は当たり前、▲30~40%もわりとある

次の図は過去20年の日経平均の推移と代表的な株価急落およびその後の長期下落期間をまとめたものです(Invesuter.comでぐれあむ勉作成)。

オレンジがピークから底まで20%以上の下落、赤が同30%以上の下落を示しています(3か月以内かつ上昇率10%以内の反動は無視)。

2000-2020bouraku

 

下の目盛りは2年ごとなので、多くは半年~1年の下落で、リーマンショック(金融危機)のみ約2年にわたって下落が続いたことがわかります。

これを見て気づくのは、半年以上にわたって20%以上下落する暴落はわりと頻繁に起きているんだなあ、ということ。

リーマンショックのような2年で60%近くも下落する暴落はレアケースとはいえ、バブル崩壊からいろいろなことが重なって続けざまに30%以上下落なんてことも90年代終わりから2000年代初頭にはありました。体験した人には地獄だったことでしょう。

 

リーマンショック後の大底で買った人ならたしかに長期では株価は上がっていますが、もしリーマン前の高値でつかんでいた人は、13年かけてようやく含み益が出るようになっていたのに、今回の暴落でまた一気にマイナスに転じたことになりますね。

しかも、まだ長期下落の端緒にすぎない可能性だって十分あるわけです。

もうかんべんして~
楽観は禁物です

 

「30%下落したから売りはここらで収まる」というアナリストの意見もちらほら目にしますが、ちょっとおかしな話です。

リーマンショックのような金融ショックの連鎖は元凶である金融業界を支えることで止められましたが、新型コロナウイルスはまだ世界中で感染拡大中で、相当広い分野の企業活動に長期にわたって影響が出るものと予想されます。

あらゆる国から次々と悪い指標が出てきて、企業の決算もどんどんひどくなります。それが明らかになるのは1~3月期決算分は5月以降、4~6月期決算は夏以降です。

底はまだまだ先かもしれない、という根拠は以下の緊急投稿記事でも書きましたのでご参考に↓↓↓

日経平均とダウ平均
緊急投稿|新型コロナウイルス感染拡大で株価はどうなる?底はいつ?現状と先行きを分析新型コロナウイルスの世界的な感染が拡大し、春には収束して株式市場は回復するという楽観論はもはや過去のものとなりました。投資家としてさらなる暴落・リセッション入りも視野に入れ、現状と先行きを分析・展望しました。...

 

実は長期だからこそ損切り力で差がつくことも

辛抱強く上がるのを待つのは長期投資では当たり前のことだし、働いている方なら株価が低迷している間に入金投資法(要するに働いて稼ぐお金を定期的に投入していく)で株数を増やし、上昇局面に入ったらドルコスト平均法の効果で一気に資産を伸ばすこともできるでしょう。

ドルコスト平均法
超早わかり|積立投資に有利な「ドルコスト平均法」のメリットとデメリットドルコスト平均法の意味やメリット・デメリットをオリジナルの図表を使ってだれにでもわかりやすく紹介。下落時に安く買い集め、平均購入単価を下げていくのがキモで、定期定額積立に有利。デメリットもあわせて解説します。...

 

でも、たとえ含み損の状態とはいえ、大暴落でお金を失うと困ることが出てきます。

それは、資産形成のスピードが落ちるということです。

 

資産は複利で増えていきます。その複利は、資金の多寡で大きく異なってきます。資金は大きければ大きいほど、複利の力で「雪だるま」が早く大きくなります。

ゆきだるま

よく考えたら当たりまえですよね(複利パワーについては以下の記事をお読みください↓↓↓)。

お金持ちになる方程式を知っていますか?|バフェット流雪だるまを築く複利の恐るべき力を知るべし!バフェットやアインシュタインも効果を認める複利。資産を増やし、将来の年金不安をなくすには、この複利によって元金を「雪だるま」式に大きくする必要がある。この力を引き出すのが時間であり、投資に大事なのは「資金×利回り×時間×知識」という方程式であることを解説した。...

 

つまり、資金を失うということは、同時に複利の力、すなわち資産を早く増やす力をも失ってしまうということなのです。

なんやと⁈

 

つまり、こうです。

いま元手100万円を2倍の200万円にする目標を立てたとします。S&P500のETF(例えばVOO)に全額投資した場合、リターンは年平均9%(この数字の根拠についてもS&P500の記事を参照のこと)。

下の表左が100万円スタートの資産推移です。複利計算すると8~9年で元利合計が2倍の200万円となります(複利計算はCASIOのKe!sanサイトを使用)。

複利計算

ところが、投資初期に大暴落で30%損失してしまった場合はどうなるでしょう。元手が70万円になったところからのスタートなので、資産推移は上記右の表になります。

なんと、年利9%もあるのに、30万円減っただけで200万円にするのに12~13年もかかってしまいます

その差4年!

この差はめちゃ大きくないですか?
んー、そう?

 

では同じ期間投資する場合、どう資産が変わるのかを場合分けを増やしてシミュレーションしてみましょう。

 

暴落時に損切りする人と損切りしない人の差は、、、

こんなシミュレーションをしてみました。

4人の投資家A、B、C、Dがそれぞれ資産100万円を元手に株投資を始めることになり、4人とも年平均7%リターンの同じ銘柄に投資することにしました。

ところが不運にも、投資を始めてすぐ「●●ショック」が発生し、株価が30%も大暴落してしまいました。その底値で4人が同時にスタートしたところ、10年たったときに今度は「▲▲ショック」が起こり、またしても30%暴落しました。

  • Aさんはとても慎重な人で、すぐに株を買わなかったおかげで最初の暴落を免れ、さらに10年目もたまたま利確して現金に換えていたため、暴落に遭わずに済みました。
  • Bさんは含み損が10%超えると損切りするルールを決めています。10年後の暴落でも同じマイナス10%で損切りしました。
  • Cさんは長期投資なので最初から損切りしないと決めています。なので、最初の年も10年目もともに30%資産が目減りしました。
  • Dさんは欲を出して、現物1:信用1の信用二階建て(現物+信用で同じ銘柄を買うこと)をしていたためダブルで暴落をくらい(マイナス60%)、信用分を損切りして元手40万円でスタート。そこから現物1:信用1を続け、10年目も再びダブルで暴落をくらい、さらに二階建て投資を続けました

さて、このA・B・C・D4人の投資家が20年投資を続けた結果、資産はどうなったでしょうか。

公平を期すため、10年目に含み益で利確できた人は、含み益の20%の譲渡税を払った後の額から再スタートとします。Dさんは現物7+信用7で年利14%運用とします(ほんとはもっと計算が複雑なんだけど)。

 

このシミュレーションの結果が以下のグラフです。

20年運用の推移比較

上記グラフのバックデータはこうです。

暴落2回20年の資産推移

どうですか、この資産形成の格差!

  • Aさんは税金以外で減らすことなく、20年で資産を3.5倍に増やしました。
  • Bさんは2回の大暴落で10%ずつ減らし、利確で税金も払いましたが、最終的に3倍近くに資産を増やすことに成功しました。
  • CさんはBuy&Holdを貫いた長期投資の鑑です。その結果、20年で2倍近く資産を増やしました。が、AさんとBさんにはかなり離されましたね。
  • Dさんは、大暴落2回でかなり減らしていますが、リスクを大きくとっている分、最後はCさんを抜いてます。

 

投資資金の多寡が格差をさらに広げていく話は、トマ・ピケティ『21世紀の資本』と「r>g(アール大なりジー)」の記事でも紹介しました。資本主義は富める者がますます富んでいく格差社会を生むシステムなのです。

21世紀の資本
r>g(アール大なりジー)を1分で解説|読まずに語れるピケティ『21世紀の資本』お金持ちならだれもが知っている真実『r>g」。フランスの経済学者トマ・ピケティの著した『21世紀の資本』とそこに記されたこの不等式の意味を超やさしく読み解いた記事。ピケティが著書で何度も引用するバルザックの『ゴリオ爺さん』の内容を踏まえ、「r>g」に込められた資本主義社会の矛盾点を解説します。...

 

それはさておき、株式投資をしていてAさんのように暴落で傷ひとつ負わない人はまずいないと思います。多くはBさん、もしくは長期投資のCさんのケースが多いのではないでしょうか。

含み損10%で損切りしたBさんは30%下落にも耐えたCさんより、20年で約1.5倍も資産を増やすことができました。これをただのシミュレーションと言いきれるでしょうか。

DさんがCさんを抜いたのはちょっと意外でしたが、やはりリターンが大きい分、複利効果も大きいってことでしょう。ただし、20年目にまた60%の暴落を食らったら振り出し以下の88万円に減りますから、リスクが大きすぎますね。

ギャンブラーDよりひどいことになった男がここにひとり、、、
退職金をすっからかんにしたアホがおったな
すっからかんの財布の写真

 

(結論)暴落時の損切りの早さが資産形成のスピードに大きくかかわる

損失を確定していなくても含み損は損失。やはり元手が失われた分、資産形成のスピードは失った額に応じて遅くなっていくことがおわかりいただけたでしょうか。

いくら長期で見るといっても、たまに起きる大暴落のたびに大きく資産を失っていては、資産形成はままならないと思うのです。

 

しかしそんなことより、暴落による大きな含み損にはもっと切実な問題があります。

底に着くまでずっと減らない、あるいは増え続ける損失を眺め続けていると、けっこうメンタルがきつくなってくるのです。

お!経験者は語るコーナー始まった!
(涙)

 

投資初心者や大きな損失を出したことのない方は、その状況になってみないとわからないと思いますが、損失額が大きいといつもイライラしたり不安を抱いたり、ついつい何かにあたり散らしたくなったり、自暴自棄になったりと冷静ではいられなくなります。

僕はかなり冷静な方だと思いますが、それでも短期間で100万、200万と含み損が増えていったときは、パソコンのモニターとマウスにやつあたりして盛大に壊したこともありました。

さらに、翌日の値動きがどうにも気になって夜も眠れなくなることもありました。ここまで追いつめられると結構ヤバいです。

相場には、売りは迷うことなく手早くせよ、という意味の格言がいくつも存在します。

「迷いが出たら売れ」「しまったは仕舞え」「買いの迷いは見送り、売りの迷いは即刻売り」などなど。

で、損失に陥ったとき、さらに下がるかもと不安に駆られるようなら売るべきです。「引かれ玉(ぎょく)は投げよ」「眠れぬ玉は持つな」。恐怖におののくようなポジは百害あって一利なしです。

夜は寝たほうがいいよ

ソファにねそべって寝る猫の写真

 

結論を言えば、こんな苦行に耐える必要などまったくなく、とっとと損切りして損失を確定してしまった方が楽になれます

含み損はもちろん時間が経てば元に戻ることもありますが、どっちみち損切りして残ったお金がその時点での資産なわけですから、そこでもう一度買い直しても同じことだし、そこから上がっていく場合は含み益になるので、気持ちが全然違います。

今回のコロナショックの暴落では、おそらく短気で急にリバることもあるかもしれませんが、本当の回復には相当時間がかかるはずです。

損切りしたおかげで買い場を逃したら、などとあせる必要は全然ないし、残ったお金で安くなった株をまた買えばいいし、そこから下がったら今度は含み損の小さなうちにためらうことなく損切りができるようになっています。

 

何よりも、大きな含み損を毎日見ずに済むし、これ以上損失がふくらむこともありません。お金には変えられない無上の安らぎが得られるのです

ま、命まで取られたわけじゃないしな(←みたいな気持ちになる)

目をつぶるライオン

 

もちろん、暴落やリセッションの原因や期間、下落率によっては、これまでのアセットアロケーションの修正や微調整も必要になるかもしれません。

たとえば僕は、長期で原油価格が低迷する可能性が高まったのを見て、原油関連の比率が高いETFや高コストのリサイクルエネルギー関連は当面手が出せないと考え直しました。

企業の配当が落ち込んでいく可能性があるなら、危険な高配当ETFよりリートの方がいいかもしれない、と考える人もいるかもしれません。

いずれにせよ、損切りせずに含み損を抱えていたら、こうした戦略の立て直しもできず、機会損失につながっていくわけです

なんぎやなあ

 

 

今回の考察、いかがだったでしょうか。

ダウも日経平均もすでに30%も下落している今ごろ書いても後出しじゃんけんみたいなもんですが、僕もいちいち迷いながらの判断なので、自信をもって損切りしなさいと言えないところがつらいところです。

ただ、ここはまだ下落の通過点にすぎないとも考えているので、含み益が減っただけの人はともかく、特に「眠れない玉」をお持ちの含み損の方は一度きちんと考えてみてもいいのではないかと思います。

全部損切るのが精神的につらい方は「不安になったら半分を手仕舞え」という格言もあります。一度半分損切りしてしまうと案外気持ちが楽になって残り半分もすぐ損切りできるかもしれません。

 

わいも3万円の含み損、思い切って損切りしよ
えっ?そんだけ、、、

 

今回まとめ
  • 長期目線で損切りしない選択はあり
  • でも損切りを遅らせると資産形成のスピードも遅れる
  • 10年に1度の大暴落時の対応で20~50%の資産格差が生じることも
  • 眠れぬほどの玉(含み損)はもつべきではない

 

おすすめ投資本を知りたい方はこちら↓↓↓

投資本 本棚
2020年最新版|700冊から厳選!絶対はずせない投資本の名著20選(初心者から上級者までおすすめ)投資本マニアの僕が700冊以上読んだ本の中で、投資家なら絶対はずせない名著20冊を厳選して紹介するセレクション2020年最新版。古典的バイブルから新しめの指南書まで、ステップに応じて読めるようご紹介。読めば投資レベルが確実にアップします!...

投資知識を増やすおすすめのオンライン投資スクールランキング↓↓↓

ランキング
最新|投資の学校ランキング 評判のスクールに自腹で入会した感想、口コミ元経済記者が総額100万円以上自腹を切って入会した投資の学校(オンライン講座)。これまでブログ内で紹介してきたスクールをランキング形式にし、その内容と感想、実力、評判、口コミをまとめました。実際にお金をかけているだけに、可能な限り率直に、かつシビアに評価をしています。...

人生が変わる!無料オンライン投資講座はこちら↓↓↓

投資の達人

投資セミナーマニアの僕が一番受けてよかったと思った無料投資セミナーです。これ視聴してから投資成績が飛躍的に上がりました。これで学んだ基本を押さえるだけで生涯資産のケタが変わってくるはずです。

 

 

関連記事