おすすめ投資本

超早わかり|積立投資に有利な「ドルコスト平均法」のメリットとデメリット

 

ぐれあむ勉
ぐれあむ勉
こんにちは、ぐれあむです!今日も投資の勉強していきます!
ダウの犬
ダウの犬
わい、勉強きらい

 

今日はインデックス投資の記事でも少し触れた「ドル・コスト平均法」について、その意味とメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

株や投資信託などの長期の積立投資では欠かせない知識です。

これを知っているのと知っていないのとでは、株価暴落に対する気構えが違ってきます。

ではゆるゆると本編をどうぞ!

 

犬なの?
どうみても猫やろ

 

下落幅の大きい株への投資は不安?

まずはクイズから。下のグラフをご覧ください
定期定額積立
答えはA!
ちょw!だまっといてもらえます?

 

これはA株とB株、2つの銘柄の値動きを示しています。両方とも株価300円からスタートして、1年後(13か月目)も同じ300円で引けました。

でも途中経過が違います。Aは何度も100円まで下落する浮き沈みの激しい値動き。一方Bは下がっても200円までで、Aよりはおだやかな値動きです。この期間の株価の平均も当然Bの方が高いです。

 

この値動きを見て、あなたはAとBどちらの株に投資したいと思いますか?

 

Aやな!

・・・・・・

 

一度に大金をどかんと突っ込む場合、A株だと気が気でないですよね。気の弱い人は2か月目や6か月目で、急落に耐え切れず損切りして手を引いてしまうんじゃないでしょうか。

損切りはきらい
そ、そうですか、、、

 

定期定額積立なら話は別

では、これを毎月決まった日に決まった金額だけ投資する「定期定額積立」で買っていくとしたらどうでしょう。

答えはA!
な、なぜ?(汗)
わいの本能がそう叫んどる

 

AとB、どちらを積み立てていけばいいのか。

資産が増えるのは、、、はたしてどっち???どっちどっち!

どこどこどこどこどこどこ(←ドラムロール)

 

 

資産が増えるのは?

 

 

Aのほうです!

 

 

知ってた
でしょうね

 

では、なぜAのほうが資産が増えるのでしょうか。

あほな猫でもわかるように解説してみましょう
しばくぞこら

 

計算しやすくするため、月々3,000円ずつ定額積立していくこととします。

最初の月は両方とも株価300円ですから、それぞれ10株ずつ買えますね。

次の月は、A株は200円に下がったので15株買えました。それに対してB株は250円なので、3,000円では12株しか買えません。

さらに次の月は、100円に下がったA株は30株買えますが、200円のB株は半分の15株しか買えません。

というふうに積み重ねていくと、購入できる株数に差がついていきます。

推移は下図のようになります。

購入株数の推移

最終的に13か月目にAを買ってた人は220株、Bの人は157株

株価は同じ300円ですから、Aの資産は66,000円、Bは47,100円

それぞれ投資した額は3,000円×13=39,000円ですから、Aは27,000円のもうけ、Bは8,100円のもうけ。

1年で2万円近い差ができましたね。

ぬるっとしたメシが1年は食える差やな
カリカリでがまんしてください

 

仮に最初にまとめて39,000円を投資した場合、結局株価は最後300円で変わりませんから、Aに投資してもBに投資しても資産に変化はなく、儲けはありません。

 

平均購入単価を切り下げる投資法

これが「ドルコスト平均法」と呼ばれる投資法です。要するに定額定期(一定金額一定間隔)で同じ投資商品を買い付ける投資方法のことですね。

ドルコスト平均法の名前の由来もここにあります。

英語で書くと「Dollar-Cost Averaging(DCA)」。ドルは米国通貨であり、「一定の金額」という意味。それを「コスト平均」化して購入していくってことですね。

ちなみにイギリスでは、通貨はポンドなので 「ポンドコスト平均法(Pound-Cost Averaging) 」と言うらしいです。

 

それはさておき、ドルコスト平均法のメリットは、上で見てきた通り、毎月の投資金額が定額なら、安くなったときにたくさん買えるようになる、ということ。

安値のときにより多く買うことで、1株あたりの平均購入単価がどんどん低くなり、株価が再度上がってきたときの利益が大きくなるって寸法です。

以前インデックス投資の優位性の記事で紹介した『ウォール街のランダムウォーカー』でも、著者バートン・マルキール氏は「ドルコスト平均法はリスクを効果的に軽減する」と題して、その効用を5ページにわたって解説しています。

ウォール街のランダムウォーク

もしあなたが他の大多数の人たちと同じく、豊かになるにつれて少しずつ投資額を増やしていきたいのなら、「ドルコスト平均法」がうってつけである。ドルコスト平均法は注意すべき点もあるが、間違ったタイミングで株式や債券に有り金をすべてつぎ込む愚から身を守る投資方法である。

 

著者はドルコスト平均法が暴落のリスクを免れる万能薬ではなく、右方上りの相場なら必ずしも最適な戦略とはならないと断りながらも、「相場サイクルのピーク時にまとめて高値で投資した後、運悪く相場が崩れた時に陥る後悔や自己嫌悪の念を和らげてくれる効果は大きい」と強調しています。

実際、バンガードのSP500インデックスファンド(VOO)をドルコスト平均法でひと月100ドルずつ約40年(1978~2017)購入した場合、2000年や2007年の大暴落を経て一時的に資産が激減しても、最終的には累計49,000ドル弱の投資元本に対し資産全体は76万ドル強まで増えています。

この投資結果をもとに著者は、どんな市場環境下でもこの方法を忠実に守り続けてさえいればきわめて高いリターンを上げられると語っています。

たとえどんな暗雲が垂れ込めていても、ドルコスト平均法のメリットを享受するためには、信念を持って投資し続けなければならない。(中略)もしやめてしまえば、株価が暴落してまたとないバーゲン価格で追加の株が入手できるという、このアプローチの最大のメリットを放棄することになってしまうからだ。

 

投資の神様ウォーレン・バフェット氏は有名な『バフェットからの手紙』(パンローリング刊)の中で、このドルコスト平均法の長所を別の言葉で説明しています。

もしあなたがハンバーガーを一生食べ続けたいと考えた場合、「(材料の)牛肉の価格は上がってほしいと思いますか、それとも下がってほしいと思いますか」「みなさんがこの先5年間にわたって蓄えを増やしていくとします。あなたはその間株式市場は値上がりしてほしいと思うでしょうか、それとも値下がりしてほしいと思うでしょうか」と。

「バフェットからの手紙」最新版の紹介記事と書籍紹介は以下↓↓↓

ポスト
2020年最新版「バフェットからの手紙」全文翻訳と要点解説|あの投資の神様が暴落を予言していた⁈ 今日は、2020年2月にバークシャー・ハサウェイ(バフェット氏が経営する会社)の株主に配布された最新版「バフェットからの...

 

牛肉についてはみんな正しい答えを出せるのに、株式市場となるとなぜかみんな間違う、とバフェット氏は指摘します。

多くの投資家がこの答えを間違います。今後長い間株式を買い越すにもかかわらず、株価が上がれば喜び、株価が下がれば悲しむのです。つまりこれから買うことになる「ハンバーガー」の価格が上がったといって有頂天になっているわけです。こうした態度はバカげています。株価が上がるのを見て喜ぶのは目先に株を売る人だけです。これから株を買おうとしている人は、株価が下がるほうがありがたいはずなのです(『バフェットからの手紙』第2章より)

ハンバーガー

まあ、言われてみればまったくその通りですね。

 

「ドルコスト平均法」のデメリットと注意点

ドルコスト平均法が完全無欠の投資法というわけではありません。もちろんデメリットもいろいろあります。

ここでマルキール氏の示唆する注意点とデメリットをもう少し補足しておきましょう。

まず、この投資法は下落時に購入平均単価を下げていくことがキモと申し上げました。したがって、株価がその購入平均単価を最終的に上回る必要があります。これを待たずに解約して損切りしてしまってはなんの意味もありません。

また、特に大きな下落もなく右肩上がりで価格が上昇していくような上げ相場の場合、最初に一度にまとまった額を投資したほうが投資成績はいいということです。

それはなんとなくわかる

また、ひとつの商品に集中していく投資手法のため、

  • 他の株や商品に投資する分散ができない
  • 大きく下落したときにまとまった額を投資する機会を損なう
  • 積み上がった資産に対する暴落リスクが軽減されるわけではない

などの欠点もあります。

なんや、、、

 

長期目線で資産形成するのに最適

つまりドルコスト平均法は、まとまった金額を今すぐ用意できない、長期目線で資産形成をしていきたい、下落した時のリスクを極力減らしたい、という人にとってある程度有利な投資法ということ。

完全無欠というわけではないんですね

 

しかも、この投資法がきちんと理解できていない人の中には、暴落するとすぐ、せっかく積み立ててきた資産をあわてて損切りしてしまう者も大勢いるようです。

あほぼんやな

 

私の投資師匠の鵜尾 廉(うお・れん)氏も嘆いてました。

下がって含み損が出たとたんに解約してしまう人が多すぎます。そんな短期目線では資産は増えません

だそうです
だれやねん

 

なので、株価が下がって含み損が増えても、あせって解約などせず、むしろバフェットさんのように「安くたくさん買えてラッキー」と喜んだほうがいいです。

暴落かもーん!てなもんやな
まあ、あわてずさわがず淡々と、です

 

もちろん、何度も言う通り、下がり続けて結局上がってこない株や投資信託をいくらドルコスト平均法で買っていってももうかりません。

あくまで長期で上がっていく前提の株に投資していく必要があります。

そのために、このブログでも投資初心者向けにS&P500のインデックス投資の定額定期積立をおすすめしてきたのです。

そちらの記事もぜひご一読を!
めんどくせ

 

s&p500、topix、stoxx600
S&P500完全理解その1|投資の神様がおすすめのインデックス投資初心者が何から投資を始めたらいいか、その最もおすすめする投資先として、投資の神様お墨付きの米国の株式指数S&P500を利用したインデックス投資を全3回で解説。1回目はこの指数の特徴や成績、各種データ、投資方法などをご紹介。...
ニューヨーク証券取引所
S&P500完全理解その2|おすすめ3大ETF「VOO・IVV・SPY」投資初心者におすすめのS&P500インデックス投資の基本解説2回目。この投資に適した世界三大資産運用会社、ブラックロック、ステイトストリート、バンガード3社のSPY、IVV、VOOの3大上場投信ETFを紹介していきます。...
時計とお金
S&P500完全理解その3|積立に最適な信託報酬激安の投資信託2本とは?投資初心者におすすめの米国S&P500インデックス投資の解説3部作完結編。長期の定額定期積立に最も適した投資信託はどれか、信託報酬が激安な2商品を中心に紹介していきます。...

 

 

さて、ドルコスト平均法の解説、いかがだったでしょうか。

メリット・デメリットをしっかり頭にたたきこんで、長期目線でゆったり資産形成をしていきたいものですね。

それでは今日はこれまで!
さいなら

 

ドルコスト平均法のメリット・デメリット

 

(メリット)

  • 定額定期積立に最適なリスク分散ができる
  • 下落・暴落時に多く買い集めて購入平均単価を下げられる
  • まとまった資金がなくても長期目線で資産形成ができる

(デメリット)

  • ずっと右肩上がりの投資対象の場合は不利
  • 下落時にあわてて損切りすると無駄に終わる
  • 他の投資先、投資時期に機動的に動けない
  • 積み上がった資産に対するリスクは軽減されない

おすすめの投資本記事はこちら↓↓↓

投資本 本棚
2020年最新版|700冊から厳選!絶対はずせない投資本の名著20選(初心者から上級者までおすすめ)投資本マニアの僕が700冊以上読んだ本の中で、投資家なら絶対はずせない名著20冊を厳選して紹介するセレクション2020年最新版。古典的バイブルから新しめの指南書まで、ステップに応じて読めるようご紹介。読めば投資レベルが確実にアップします!...

投資知識を増やすおすすめのオンライン投資スクールランキング↓↓↓

ランキング
最新|投資の学校ランキング 評判のスクールに自腹で入会した感想、口コミ元経済記者が総額100万円以上自腹を切って入会した投資の学校(オンライン講座)。これまでブログ内で紹介してきたスクールをランキング形式にし、その内容と感想、実力、評判、口コミをまとめました。実際にお金をかけているだけに、可能な限り率直に、かつシビアに評価をしています。...

人生が変わる!無料オンライン投資講座はこちら↓↓↓

投資の達人

投資セミナーマニアの僕が一番受けてよかったと思った無料投資セミナーです。これ視聴してから投資成績が飛躍的に上がりました。ここで学んだ基本を押さえるだけで生涯資産のケタが変わってくるはずです。

 

 

関連記事