投資の学校

2021最新|バリュートレンドに入会してわかった本当の実力と評判・口コミ

 

こんにちは、ぐれあむ勉です。今日も投資の勉強始めます!

 

今日から数回に分けて、僕が実際に自腹を切って入会した投資スクール(オンライン講座)を紹介していこうと思います。

僕は基本的には独学が好きなんですが、それだと独りよがりになってしまいそうだし、投資スクールってどんなことを教えているんだろうという純粋な好奇心もありました。

で、いろいろ渡り歩いて、気がつくとこの数年間で投資スクールに入会した費用は総額100万円を超えておりました。

ええカモやがな
うぐっ

 

まあしかし、投資家目線できちんと実力を判断し、それなりにスクール同士の比較もできるようになったという自負もあります。

内容も知らずにアフィリエイト目的で記事にしているブログがあまりに多いので、すべて中身を体験済みの僕の分析や解説にはそれなりに需要があるかなとも考えて、記事にしてみることにしました。

投資スクールの比較を通し、初心者の方がどこで学んでもらうのが一番いいのか、カモにならないためにはどこで学ぶべきなのかを考えるきっかけにしてほしいという、ひそかな願いもあります。

ダウの犬
ダウの犬
ニッチすぎて需要なさげやけどな
うぐぐ

 

最終的なランキングはこちら↓↓↓

投資スクールランキング
2021最新|投資スクールランキング 元経済記者が自腹で入会、実力・コスパを徹底比較!元経済記者の筆者が総額100万円以上自腹を切って入会した投資スクールの実力と中身を徹底比較し、ランキング形式で紹介しました。実際に入会したからこそわかる講義内容やサービス、料金のコスパ感など、すべて偽りなしの本気の評価をしています。...

 

なぜオンラインの投資学校なのか

そもそも、なぜオンライン限定のスクールなのかを説明しましょう。

ひとえに僕の性格のせいですが、あまり時間にしばられたくないというのがまずひとつ。

好きなときに好きなペースで勉強したい!(でしょ?)

 

それには、決まった日時、決まった場所に通うのではなく、自宅のパソコン(あるいはスマホ)でいつでもアクセスできるオンライン講座が自分には合うと考えました。

あと、リアル投資スクールに通って1回でも授業に行きそびれたとき、そこを飛ばして次の授業に進むのがちょっと耐えられないというのもあります。

なんぎな性格やな。友達おらんやろ
うぐぐぐ

 

投資スクールの形態はいろいろあると思いますが、いまはオンライン動画の講座を見ながらというのが学びの1つのスタイルとして確立しつつあるのではないでしょうか。

YouTubeで稼ぎまくっとる芸人もおるしな
しーっ

 

「バリュートレンド」の中身と実力

 

オンライン動画スクールの実力診断として第一回目で取り上げるのは、「バリュートレンド」です。ホームページはこちら

ここは、京都のアクションラーニングという会社が運営している個人投資家向けの投資の学校です。

学校というよりは、会員向けの企業情報ページという位置付けですね。オンラインセミナーを定期的に開いて動画をアップしている、という感じです。

以下はバリュートレンドのログイン後の画面。

バリュートレンド

★取扱注意・画像の著作権はアクションラーニングに帰属します(以下同じ)。

 

バリュートレンドという名前からわかる通り、「バリュー(価値)」のある銘柄を長期で投資するというスタンスです。投資の神様バフェットさんと一緒ですね。

取り扱い説明欄にこうあります。

アクションラーニングは、良い企業を割安価格で購入し、長期保有する、というスタンスです! 保有期間は 5 年以上の長期を想定しています。5年後も成長している、業績が伸びている会社を狙います。

 

なので、動画の講座も、企業の現在価値を考える銘柄研究に重きを置いているようです。

サービス内容はこんな感じ。

バリュートレンド事業内容

 

日本企業と米国企業の銘柄研究のほか、会社訪問もして詳細なレポートがついている企業研究もあります。

また、今の株価が「割安」なのか「割高」なのかも出ているので、売買判断の目安にもなります。

 

社長インタビューで企業トップの人となりが見える

 

ちゃんとしているなあと思うのは、企業紹介の社長インタビュー。

MXTVの『東京マーケットワイド』を見ていると、新規上場した会社の社長が出てきて自社事業の説明をするコーナーがありますね。ああいうイメージです。

僕も駆け出し記者のころはミクロ取材(産業取材)をしていましたが、社長にインタビューしたり、一社一社の技術力とか商品開発の現場を見るのはとても好きでした。

地方の中小企業のトップはふだんあまりマスコミなどでも見る機会が少ないので、人となりを知るのにはありがたいコーナーです。

画面はこんな感じ。

バリュートレンド動画

 

また、銘柄名や企業コードを入力すると、その企業の紹介ページや動画にいけるので、気になる銘柄を調べるのに便利です。

会社四季報に書いてあることが多いですが、四季報より文字が大きくてカラフルで見やすいし、大事な部分をピックアップしてくれている感じもいいです。

世の中の文字は小さすぎる!
そ、それははずき●るーぺ…

 

業界研究と企業比較が秀逸

 

あと僕がいいなあと思うのは、業界の研究です。

「パン・菓子」「漁業・水産」「住宅設備」「アパレル」等々、けっこうニッチな業界に至るまで、そのトレンドや売れ筋、そこに属する企業の業績などを比較して学べます。

これは個別投資をするときにも重要な視点と思いますし、そこの株を買う気がなくてもとても勉強になります。

バリュートレンド業界研究

 

それと、同業他社の業績などが一緒に比較できるシステムもいいですね。このシステムは秀逸かもしれません。

たとえばセブン&アイHDとローソンとファミリーマートを入れると、それぞれの売上高、経常利益率、自己資本比率、ROEなどが一目で比べられます。

新聞などではたまに目にすることもありますが、ビジュアルで見られるのは重宝します。

企業比較

 

はんなり講義とゆるい更新頻度

 

動画で講義をしているのは、ほとんどがアクションラーニングの代表である日根野健さんという方。

この方は公認会計士でもあるそうで、各企業のファンダメンタルズ研究に力が入っているのもうなずけます。

下は日根野さんのあいさつ(「アクションラーニング」ホームページより)

日根野さん

 

京都の方なのか、のんびりした関西弁で声は聞き取りやすいです。

各動画の収録を視聴者参加型でやっていて、随所で「ここの業界持っている人いる?」「なに持ってる?」など日根野さんが質問し、会員が文字入力でそれにこたえるという対話形式で進みます。

僕はこの視聴者参加型ってやつがあんまり好きではないので、ちょっとイライラして「雑談はいいからはよ先進め!」と思ってしまいます。

いらちやなあ
それは認める

 

このあたりは意見が別れるところでしょうね。

僕はみっちり凝縮した濃密な講義を黙々と進めてくれる方が好きですが、「勉強しているのは自分1人じゃないんだ!」みたいな連帯感がほしいさびしがりやさんには、こういう趣向がいいのかもしれません。

発言に悪意を感じる
ぐへへへへ

 

あとは、僕が記者だったせいもあるんでしょうが、更新頻度がややはんなりと遅いのが不満といえば不満ですかね。

個別企業の研究も含め、ちょっと時間がたつとトレンド変わって、オンライン講座が役に立たなくなってしまうのでは?といらぬお節介を焼きたくなります。

そのへんはこれから改善していくのかもしれませんが、、、。

 

YouTubeが主戦場に?

 

会員サイトの更新があまりに遅いと思っていたら、今はYouTubeが主戦場になっているフシがありますね。

代表の日根野健さんが「ひねけんの株式投資ニュース解説」として、企業分析動画を定期的に発表されています。

ひねけん

 

やはり会員サイトのコンテンツに不満があり、ちょっと集客に手詰まっている感じもありますね。

 

でも、この代表の日根野さんの分析はとてもわかりやすく、関西弁(京都弁?)にも親しみがもてます。

最新の武田薬品工業の動画(2021年8月アップ)では、数字上は好決算なのになぜ株価が上がらないのかを公認会計士らしく分析しています。

 

売り上げと利益が爆増したのは、事業の売却があって一時的な数字だからという内容。これを除くとそうでもないよ、それより「パテントクリフ」がやばいから早く次の「ブロックバスター」がほしいと分析しています。

時間がなくて決算短信を読み込めない人にはこうした分析はありがたいですよね。

YouTubeの話し方ははんなりしてないのでイライラしません(笑)

やればできるんやん

 

感想まとめ長期で投資先を考えていく人向き

 

会員サイトのコンテンツの更新や充実度にはやや不満がありますが、忙しいサラリーマンの方にはここのようなペースがちょうどいいのかもしれません。

どっしりと腰を据えて長期で投資先を考えていく人向きだと思います。

 

料金は僕が入会した当時はベーシック+米国株コースが月5,200円、年60,000円でした。これを高いとみるか安いと見るか。

ぬるっとしたメシが3年は食える金額やな
そこはカリカリで

 

企業分析などはバランスシートの読み方を少しかじればある程度できるようになりますから、自分でやれる人はいらないっちゃあいらないんですかね。

これ以外に月1,200円のライトコースもあります。使えるサービスが制限されますが、こちらからお試しするのもいいかもしれません。

 

申し込みはこちらから↓↓↓

 

 

オンライン投資スクール「バリュートレンド」の紹介と感想いかがでしたでしょうか。

これから投資をしていく人も、もう始めている人も、金融リテラシーを高めていくことはとても大事です。

つまらない株に投資したり、ぼったくり投信や保険の詐欺にだまされて大損し続ける人生を送らないためにも、じゃんじゃん投資の知識を広げていきましょう。

 

次回は「グローバルファイナンシャルスクール(GFS)」を紹介します
おいらも出るで!
猫とGFS
グローバルファイナンシャルスクール(GFS)|元経済記者が自腹で入会してわかった11の特徴と口コミ・評判(2021最新)元経済記者兼個人投資家が自腹で入会した投資スクールを紹介する第2弾。グローバルファイナンシャルスクール(GFS)を紹介します。生徒数10,000人突破、1,300本超の動画講義が見放題の人気スクールの本当の実力、講師や講義のレベル、サービス内容を11の特徴にまとめました。...

 

バリュートレンド
  • 京都の投資関係企業が運営。代表は会計士。
  • 個別企業の分析に強み
  • 社長インタビュー、企業訪問もある
  • 業界分析、企業比較は秀逸
  • 人によっては動画内容や更新頻度がゆるく感じるかも
  • 代表のひねけんさん、YouTube進出!
バリュートレンド

 

投資知識を増やすおすすめのオンライン投資スクールランキング↓↓↓

投資スクールランキング
2021最新|投資スクールランキング 元経済記者が自腹で入会、実力・コスパを徹底比較!元経済記者の筆者が総額100万円以上自腹を切って入会した投資スクールの実力と中身を徹底比較し、ランキング形式で紹介しました。実際に入会したからこそわかる講義内容やサービス、料金のコスパ感など、すべて偽りなしの本気の評価をしています。...

全国8大都市で投資の勉強するおすすめのスクールはこちら↓↓↓

全国8大都市投資スクール
2021最新|230校以上から厳選!全国8大都市 投資スクールランキング|札幌・仙台・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡全国8大都市(札幌・仙台・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡)を対象に、元経済記者・個人投資家である筆者が独自の判断基準でその地域で最も優れていると思う投資スクールをご紹介。多くの投資スクールとセミナーに自腹で参加してきた「目」に自信あり!...

 

おすすめの投資スクールランキングはこちら(画像をクリック)

投資スクールランキング

「受講してよかった」「家族・友人に教えたい」の声続出!おすすめの投資入門セミナーはこちら(画像をクリック)

投資の達人になる投資講座