ライフプラン見直し

預金が勝手に目減りするステルス値上げとは|その見えない恐怖とリスクをやさしく解説

 

こんにちは。ぐれあむです。

投資の勉強してますかー!

 

今日のテーマは、見えないインフレが預金(現金)にどんな影響とリスクをもたらすかという話。

結論から言うと、投資に回していないあなたの預金貯金はどんどん目減りしていきます。

そのメカニズムを一緒に考えていきましょう。

まずは個人的な話から。

 

毎朝の食事に異変発生!

新聞記者は体が資本。昼間の取材と執筆に、夜討ち朝駆け。部署によっては休日も吹っ飛びます。ストレスは増え、睡眠時間も減るばかり。

そこで、体力と健康を維持するために始めたのがジョギングと筋トレ、そして毎朝のヨーグルト習慣でした。もうかれこれ10年以上になります。

効果のほどはわかりませんが、長期的に見たら風邪をひきにくくなり、花粉症が軽くなった気もします。でも何より、前夜の食べ過ぎ飲みすぎで胃がもたれていてもすっと食べられるのがいいです。

 

ヨーグルトは「スーパーケフィア」という種菌を買って自作しています。でも、うっかり作り忘れて切らすことも多いため、市販のヨーグルトも買い置きします。

created by Rinker
株式会社ロイヤルユキ(ケフィア倶楽部)

プレーンならなんでもいいけど、よく買うのは定番の明治ブルガリアヨーグルト。これをカルビーのフルグラや冷凍ブルーベリーにかけて食べる。毎朝これをささっと食べて、朝駆けしていました。

 

ところがです。このブルガリアヨーグルトに緊急事態が発生したのです。

ずっと450gだった中身が、2018年春に突然400gに減ってしまったのです。付属していた粉砂糖もいつの間にか消えてました。

砂糖はもともと不要だったからいいとして、量を減らされたのには困りました。記者をやめて以降も朝食はこれだけだったので、急に1食分が少なくなった感じです。

実はケフィアの方を毎回500g作っていて、一回の朝食で半分の250gを食べます。これと比べると、もともと50g少ないブルガリアがさらに400gに減り、半分の200gとなるとなんだか物足ら無くなります。でも250g食べちゃうと、翌日150gしか残らないからそれはイヤなのです(わかるよね?)。

 

思い起こせば「おいしい牛乳」でも

思い起こせば2年前、ヨーグルト作りで同様の苦い経験をしていました。

ケフィアの菌床としてずっと使っていたのが同じ明治の「おいしい牛乳」1000cc

飲むんだったら農協牛乳がおいしくて好きなんですが、まあヨーグルトにするならどれでも変わらんでしょ、という感じでこれにしていました。近所のコンビニですぐ買えるし(これ大事)。

で、しばらくは「おいしい牛乳」でヨーグルトを作る幸せな毎日が続いていました。

しかしある日、この平和な日常に超ド級の衝撃的な事件が降りかかってきたのです。

にゃんと!

 

明治おいしい牛乳が1000ccから900ccに突然減量されたのです。

 

なーんや、、、

いや、まあ、超ド級はおおげさでしたけど、、、

 

減量理由は「お年寄りやお子さんに持ちやすくした」だったと思いますが、私にとっては500cc2回分の1000ccないとヨーグルトを作る上で不便この上ない。

プラスチックの注ぎ口もごみの分別ではめちゃ面倒です。環境にもよろしくないし。

A型のせいもあるんでしょうか。400とか900って数字、中途半端でとても気持ち悪いです。日本人にとっては「死」とか「苦」を連想する不吉な数字でもありますよね。

 

そこから私の放浪生活が始まりました。ヨーグルトに合う最適な1000cc牛乳を求めて全国をさまよい歩く日々。

北はセイコーマートから南はサンエーまで。西友、LIFE、ダイエー、マルエツ、、、。

いつでも探しているよ、どっかに牛乳の姿を。向かいのホーム、路地裏の窓、こんなところにいるはずもないのに、、、。

 

というのは冗談で、実際は近所のセブンイレブンで売っていた1000cc牛乳を場当たり的に買っていただけです。最近はセブンプレミアムの「毎日の食卓3・6牛乳」に落ち着いています(それしかないんで)。

モーいーぜ、、、

↑↑↑実はこの乳牛の写真もある音楽が聴きたくなるステルスです(笑)。ピンときた人は画像をクリック!(Amazonサイトに飛びます)。

ステルス値上げが生活を襲う

明治ひとりを悪者にしたくはないですが、この数年で二度にわたって毎日口にしていた商品の量を減らされた恨みは大きいです。

どちらも定価で買ったことがないので値段はよく憶えていませんが、減量したとき、「ブルガリア」は10円値下げ、「おいしい」は据え置きだったらしいです。

でもこれ、減量分を考えたら実質値上げしたも同然なんですよね。

 

原材料や人件費の高騰でメーカーはどこも大変です。どこかで価格に転嫁しないと、利益が出なくなってしまいます。でも値上げには反発も大きく、ファンが離れていってしまう恐れがある。さあ、どうするどうする。

メーカーが出した結論は、ひとまず量を減らして値段が変わらないように見せかけることでした。家計収入の上がらない中、消費者の心理的抵抗を少なくするにはそれしかなかったのです(私には逆効果でしたが)。

 

価格据え置きだけど実質値上げ。こういうのを「ステルス値上げ」と呼んでますね。「隠れ値上げ」とか。

 

ステルスには「こっそりと」「隠密に」という意味があります。

消費者に気づかれにくい宣伝行為をステルスマーケティング(ステマ)、敵レーダーに見つかりにくい戦闘機をステルス戦闘機(写真)と言いますが、あのステルスです。

見えないだけに、近くに魔の手が忍び寄っていても気づかれにくい。闇に生まれ闇に消える。来るぞ、来るぞ、来るぞ、来るぞ、手強いぞ〜、という感じです(なんのこっちゃ)。

ステルス値上げの一覧・まとめはこの情報共有ページが面白いです↓↓↓

いつの間にか容量が減っている商品wiki

 

ステルス値上げは「収縮するインフレ」

日本では「ステルス値上げ」ですが、海外では「シュリンクフレーション」という言葉が使われているようです。

内容量が「シュリンク(収縮)」する「インフレーション(物価上昇)」という造語で、景気停滞期の物価上昇を示す「スタグフレーション」と対比させる言葉として生み出されたようです。日本でも最近時々耳にするようになりました。

シュリンプちゃいまっせ~

今年春に食品メーカーや飲食店が一斉に値上げをして話題になりました。その中にはこのステルス値上げもありました。

でも消費者もバカじゃないから、値段が変わらなくてもこういう姑息なダマシには敏感に気づきます。特に毎日食べるものなんかはすぐわかる。

 

今年6月に発表された「令和元年版消費者白書」に、このステルス値上げに対する消費者意識についてのコラムがありました。

消費者庁の物価モニター調査によれば、「3年前と比較して実質値上げが増えたと感じる」と回答した人は82.2%に上り、「日常的に買っている商品について、実質値上げが原因で買う商品を変えた(または買うのをやめた)ことがある」と回答した人は24.8%となるなど、企業の実質値上げに対し、消費者が敏感に反応していることが分かります。(消費者白書コラム「実質値上げ(ステルス値上げ)に関する消費者の意識」より)

 

ひょえー!

「実質値上げが増えたと実感している人」は2018年の調査の段階で8割を超えています。ということは、今春のステルス値上げを加味したらもう9割に到達しているんではないですかね。

 

もっと怖い品質劣化インフレが進行中

しかし、ことは量を減らすだけの問題にとどまりません。

「内容量の減少」よりもっと深刻なステルス値上げがあるそうなのです。

これについては、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)が発表した興味深い分析レポートがあります。「デフレより心配なステルス・インフレ」(2018年12月)

日銀のインフレ目標2%がなかなか実現できないでいるのと対照的に、総務省統計局の消費者アンケートでは「物価に対して感じる体感温度」はすでに5%近く上がっている。この乖離(かいり)はどこから生じるのか。そしてそれは何を示しているのか、を分析したレポートです。

ちなみに、最新(2019年7月)の総務省調査「生活意識に関するアンケート調査」では、「1年前に比べ現在の物価は何%程度変化したと思うか」に対する回答の平均値は4.6%でした。依然として高い水準ですね。

さてMURCのレポートの分析結果を私なりにかみくだいてまとめるとこうなります。

  1. 頻繁に買うものほど物価の体感温度に連動している。
  2. その体感温度の上昇が、内容量の減少だけでなく、「品質の劣化」として消費者に感じられている可能性がある。

にゃにゃにゃんと!

 

原材料費を抑えて質を劣化させる。これも立派なステルス値上げの1つです。

詳しい分析内容はここでは省略しますが、レポートではメーカーが製品を作るのに必要な原材料費などを日銀が調査した投入指数(製造業投入物価指数)が上昇すると、少し遅れて消費者の体感指数と物価指数(頻繁に買うものを抽出した指数)の乖離が大きくなる傾向があるとしています(下図)。

簡単に言うと、メーカーが「原材料費、高っ!」と思ったら、ちょっと遅れて消費者が「商品、高っ!」と思うってことです。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング調べ

政府の物価調査に抜け穴?!

量が減ったものは内容量の表記さえあれば単価の上昇が割り出せるため、政府(総務省統計局)はこれを加味した物価指数の調整ができます。

しかしこれだけ消費者の体感指数と物価指数に乖離があるのは、政府も加味できないステルス値上げが目立ってきているからではないか、と分析レポートは語っているわけです。

「えっ、政府の物価調査に見落としがあるってこと?

って思いますよねえ。

 

そこで、調査レポートをまとめたMURC研究主幹の鈴木明彦さんにお話をうかがいました。

 

鈴木さん、政府も把握できないって、どういうことでしょうか
MURC研究主幹 鈴木明彦氏
MURC研究主幹 鈴木明彦氏
消費者物価統計では、量や質の変化があった場合にはそれを調整することになっています。これがきちんとされていれば「質の劣化」や「内容量の減少」を理由に乖離は生じないことになります。ただ、質の劣化を把握することはまず不可能でしょう例えばおかきやせんべいに使われているコメの質を落としたからと言って、それが明示されるわけではありません
うーむ、なるほど
個数だけが示されていて重さが書かれていないもの、例えば一口サイズのパンが7個入っている袋売りは、一個一個の量を減らされても把握できません。回転ずしのすしが小型になっているのも同様に把握できないでしょう
たしかに、その通りです。原材料の良しあしや、もともと内容量の書いていない商品の中身の個数までは調査してないでしょうからね。だから実際の価格と消費者が感じている価格感との間にズレが起きてしまうわけですね

 

 

賃金が上がらない中で商品価格だけ上げれば売上げが落ちる。だから、企業は価格を上げずに分量を減らす。それでも材料高をカバーできないと、今度は質を落とし始める。

でも品質の低下は企業の技術力を下げ、ひいては海外製品との競争力も低下させます。物はますます売れなくなり、社員の給料も上がらない。こりゃダメですね。

鈴木さんもこうおっしゃっています。

企業の選択肢としては、質を向上させても同じ値段で販売して量を確保するか、あるいは質を劣化させて同じ値段で販売して利益を確保するかどちらか。前者は利益なき繁忙につながり、後者は評判を落とすことになります。これからは「量より質の競争」と言いながら、質の向上を価格転嫁することができず、ましてや質の劣化が進んでいるとなると、かなり問題ですね

 

*鈴木さんのインタビューはご本人の許可を得て掲載しております。鈴木さん、ありがとうございましたm(__)m

 

あなたの預金はすでに減っている

前回の記事で、「インフレは必ずやってきて貨幣価値が下落する。だから預金だって実質的には減っていく」と書きました。

【恐怖】現金預金は放っておけば減る!|複利計算72の法則から考える現預金を投資に回すべき3つの理由預貯金しているだけではいかにお金が増えないかを、複利計算「72の法則」を説明しつつ計算。2倍になるのに早くて3600年かかります。さらに30年におよぶデフレ時代が歴史的にはかなり特殊であることを各国インフレ状況をからめて解説。放っておくと預貯金は目減りすると記事の中で説明しています。...

 

ちょっとおどしすぎたかも、と反省しましたが、やはりおどしておきます(笑)。

物価が上昇しない表面的なデフレの陰で、見えないインフレが確実に進行しているのです。つまり、見えない間に現金の価値はどんどん下がっていっている、目減りしているってことです。

 

これを書いている間にも私の大好きなあのお菓子がステルス値上げしました。

ブル●ンよ、お前もか!

 

だから、あなたの預金はすでにどんどん目減りしているのです!

 

年金不足、賃金低下、そして見えないインフレの三重苦。これを上回る利回りで一刻も早く投資をしていくことが肝心です。

お金のことをちゃんと勉強しよう

 

預貯金が勝手に目減りする理由

◎お値段そのままでも内容量だけ減っている実質値上げ(ステルス値上げ)が進行中。

◎欧米ではシュリンクフレーションという。

◎量減らしより深刻な品質劣化のステルス値上げも増えている。

◎消費者物価指数より物価体感温度が高くなっている。

◎見えないうちに貨幣の価値は下がっている=実質的に預金は目減りしている。

 

おすすめの投資本記事はこちら↓↓↓

投資本 本棚
2020年最新版|700冊から厳選!絶対はずせない投資本の名著20選(初心者から上級者までおすすめ)投資本マニアの僕が700冊以上読んだ本の中で、投資家なら絶対はずせない名著20冊を厳選して紹介するセレクション2020年最新版。古典的バイブルから新しめの指南書まで、ステップに応じて読めるようご紹介。読めば投資レベルが確実にアップします!...

投資知識を増やすおすすめのオンライン投資スクールランキング↓↓↓

ランキング
最新|投資の学校ランキング 評判のスクールに自腹で入会した感想、口コミ元経済記者が総額100万円以上自腹を切って入会した投資の学校(オンライン講座)。これまでブログ内で紹介してきたスクールをランキング形式にし、その内容と感想、実力、評判、口コミをまとめました。実際にお金をかけているだけに、可能な限り率直に、かつシビアに評価をしています。...

人生が変わる!無料オンライン投資講座はこちら↓↓↓

投資の達人

投資セミナーマニアの僕が一番受けてよかったと思った無料投資セミナーです。これ視聴してから投資成績が飛躍的に上がりました。ここで学んだ基本を押さえるだけで生涯資産のケタが変わってくるはずです。

 

 

 

 

関連記事